ドトールコーヒー社長・鳥羽博道(とりばひろみち)さん

 今週の火曜日に、民主党2004年度定期大会が開催されました。
 菅代表の代表挨拶や岡田幹事長の活動方針などは、新聞・テレビで報道されましたので省略しますが、私は、来賓のお一人「ドトールコーヒー代表取締役社長・鳥羽博道(とりばひろみち)さん」のご挨拶に感動しました。
  鳥羽さんは、まず前回の総選挙で、創業以来初めて社内報や全体朝礼で「民主党を頼む」と社員に呼びかけたことを紹介、政権交代への期待を熱く語られました。
 その上で、「私は無一文で東京に出てきて24歳で会社を設立して以来、一杯のコーヒーで安らぎと活力を提供したい、という思いでひたすら努力してきた。そして今年は、業界第一位・利益第一位を目指す。民主党も、世界の平和・国家の繁栄・国民の幸せ、この3つのためにがむしゃらに突き進めば、必ず第一党になれる」と述べられ、民主党に力強いエールをいただきました。
 この夏の参議院選挙で勝利するには、働く仲間の皆さんのご支援が必要なことはもちろんですが、経営者の方々にも信頼される政党になることが重要と感じました。

1月16日(金曜日)  民主党定期大会