ここをクリックすると杉並区歌が流れます。
    (歌手は橋 幸夫さんです)

一、杉の木立に ひめつばき
   光りかがやく 文化のまちよ
     心ふれあう 人がいる
    笑顔を見かわす 人がいる
   手を取りあって 和を広げ
   共に栄える 杉並区 

二、めぐみゆたかに 水清く
   夢を浮かべて 流れる川よ
    心あかるい 人がいる
    幸せ育てる 人がいる
   みどりのまちに 愛の花
   薫るわがまち 杉並区

三、遠い歴史を いしずえに
   明日にはばたく 若さと力  
    心やさしい 人がいる
    喜びわけあう 人がいる
   希望の歌を 肩組んで
   共にうたおう 杉並区

1月21日(水曜日)  杉並区歌

 皆さんは「杉並区歌」をご存知でしょうか?
 昭和57年の9月に、杉並区誕生50周年を記念して製作されたものです。
 私は、その半年後に初当選していますので、新人議員研修などで何度となく歌いました。このとき、同時に「杉並音頭」も作られたのですが、最近は耳にすることがありません。(もしかしたら、盆踊りなどで使っているかもしれませんが)
 作曲は、昨年に文化功労を受賞された「遠藤 実」先生です。遠藤先生には、私の恩師である「藤原 哲太郎元衆議院議員」のご自宅の前にお住まいだったこともあり、個人演説会の応援で弁士で来ていただいたことがあります。
 日常生活で歌うことはありませんが、大変に覚えやすいメロディーです。