UIゼンセン同盟の正式名称は、「全国繊維化学食品流通サービス一般労働組合同盟(いやー長いですね)」です。参加している仲間の人数は約80万人で、「連合」に加盟しています。
 正式名称からもご理解いただけるように、国民生活に関連する産業の勤労者が集まって構成している労働組合団体です。
 ご承知の通り、日本の労組は企業(会社)ごとに作られています。 組織の規模も、数人から数万人まで様々で、UIゼンセン同盟も、カネボウ、旭化成、東レ、武田薬品、ダイエー、イオン、イトーヨーカドー、専門店連合、マイカル、大阪ガス(5,000人以上の組合)など、日本を代表する企業から、数名・数十名で頑張っている企業まで一緒に活動しています。
 基本的な運動は、働く仲間の雇用を守り、労働条件を向上することですが、社会的な活動にも積極的に取り組んでいます。
 そのひとつがが政治活動で、UIゼンセン同盟では、私のほかにも東京都内では、台東区、小金井市、町田市、日野市に仲間の議員がいます。
 杉並区は住宅地域ですから、杉並区を本拠地としてUIゼンセンに参加している仲間は少ないのですが、新星堂(上荻)、チヨダ(成田東)、コイデカメラ(阿佐谷北)、マックハウス(高円寺南)などの優良企業の本社・本部があります。

(写真は、一昨日開催された「東京都支部運営評議会」の様子。月に一度開かれ、活動の復習と今後の計画を話し合います。中央、立っているのが責任者の磯崎功さん。ちなみに、区内久我山にお住まいです。東京都支部についてはこちらでも報告しています)

1月23日(金曜日)

UIゼンセン同盟
東京都支部


(写真クリックで拡大)