杉並区職員の皆さんの給与については、12月1日にお知らせしていますが、引用した「広報すぎなみ」の内容が分かりづらかったようです。
 最近、区役所の職員課から「杉並区職員白書」が発行されました。
 もちろん、この白書は給与だけではなく、配置、採用、昇任(民間企業では昇進)、健康管理など、職員に関するいろいろな現況・数値が報告されています。 
 分かりやすい分類と表記なので紹介します。
 まず、上の表にはありませんが、ズバリ!杉並区職員の平均給料は729万円です。(4,290人平均) これには、区長、助役などの特別職は含まれていません。
 次に、上の表を拡大して見てください。
 高卒程度で入区した職員で約350万円、主任主事(高卒で最短12年、同じく大卒では8年で昇任試験の資格ができます)で約770万円、係長級(主任主事から同じく5年で受験資格あり)で約900万円、民間と同様に課長以上が管理職ですが、統括課長級で約1,200万円、部長級で約1,360万円の年収になります。
 なお、上記には清掃業務職員と幼稚園の先生は含まれていません。
 職員の平均年間給与は5年連続で減少しています。

3月10日(水曜日)

区職員の給与
 (その2)


(左の表をクリックしてください。
拡大して読めます)