今から15年前(1989年)の4月20日、朝日新聞夕刊1面に「写’89 地球は何色?」<サンゴ汚したK・Yってだれだ >という記事が掲載されました。
 この記事の全文を引用します。

  これは一体なんのつもりだろう。沖縄・八重山群島西表島の西端、崎山湾へ、 直径8メートルという巨大なアザミサンゴを撮影に行った私たちの同僚は、 この「K・Y」のイニシャルを見つけたとき、しばし言葉を失った。
 巨大サンゴの発見は、七年前。水深一五メートルのなだらかな斜面に、おわんを伏せたような形。高さ四メートル、周囲は二十メートルもあって、 世界最大とギネスブックも認め、環境庁はその翌年、周辺を、人の手を 加えてはならない海洋初の「自然環境保全地域」と「海中特別地区」に 指定した。
 たちまち有名になったことが、巨大サンゴを無残な姿にした。島を訪れる ダイバーは年間三千人にも膨れあがって、よく見るとサンゴは、空気ボンベが ぶつかった跡やらで、もはや満身傷だらけ。それもたやすく消えない傷なのだ。
 日本人は、落書きにかけては今や世界に冠たる民族かもしれない。だけどこれは、 将来の人たちが見たら、八〇年代日本人の記念碑になるに違いない。 百年単位で育ってきたものを、瞬時に傷つけて恥じない、精神の貧しさの、 すさんだ心の……。
 にしても、一体「K・Y」ってだれだ


 「そういえばそんな事件があったな」と記憶されている方も多いことと思います。
 この事件は、朝日新聞の記者が自らサンゴに傷をつけ、それを記事にした極めて悪質な行為でした。
 つまり、「K・Y」とは朝日の記者自身だったのです。
 朝日新聞は当初、捏造であることを認めませんでしたが、地元ダイバーの皆さんから完璧な証拠を明らかにされ、100%自作自演であることを認めて、最終的には社長が引責辞任をしました。
 記事の表現を借りれば、「将来の人が見たら、八〇年代朝日新聞の捏造と屈辱の記念碑になるに違いない」と思います。

(傷ついたサンゴの写真はこちらからご覧ください)

4月20日(火曜日)

今日は何の日?

(写真はイメージです
クリックで拡大します)