部屋の中の「緑」が少ないことに気づき、ディスカウントの花屋さんで、上の写真のサボテンを買ってきました。
 毎日、水や肥料をあげるのはめんどくさいので、サボテンの選択になりました。
 値段は四鉢で、何と1,000円!すごく安いですね。
 何の変哲もないサボテンですが、名前を「チクリン(ChikuRin)というそうで、解説には「サボテンを進化させた強くて、美しく、かしこい植物のことです。又、チクリンパワー(波動)を出す植物のことです」と書いてあります。
 しかも、「人間に一番近い植物」で「話しかけると喜びます」との説明もあります。
 試しにこの「チクリン」を生産している会社のホームページを見ましたが、サボテンの生産面積と販売量は日本一だそうです。 
 で、そのHPの中に「チクリン宣言」なるものがあって、次のように記されています。(一部省略)
 「そして、そのパワーの強さに関して言えば、チクリンの右に出るものはいない。すべての人類が、チクリンと正しく共存するなら、病気、争い、餓え、貧困、戦争と、社会をむしばむさまざまな病理は一掃されるだろう。人類生誕以来、今だかつて例をみない地球規模のユートピアが誕生するのだ」
 凄い!すごいですね。
 250円で、全世界の人たちが幸せになれるのです。
 私も毎日話しかけていますが、今のところは生活に変化はありません。

(写真をクリックすると拡大します)

5月8日(土曜日) チクリン