日朝首脳会談の成果については、昨日も新聞やテレビで報道されていました。
 5人の子供たちが帰って来たことは本当に嬉しかったのですが、「10人の行方不明者」、「数百人の特定失踪者」、「核・ミサイル問題」などについては、残念ながら期待していた内容にはほど遠い結果でした。
 「経済制裁」のカードについても、“何故”この時期に放棄してしまったのでしょうか。
 ところで、テレビを見ていて気になることがありました。
 それは、上の写真の数十秒前のことです。
 北朝鮮の政府の役人が、小泉首相に、「まもなく、金正日国防委員長が来られます。この場所に立って、お出迎えください」と指示しているように見えたのです。
 同様に、会談終了後、「私が良いと言うまで、この場所で、金正日将軍様の後姿をお見送りするように」との指示に、首相も従っているように見えました。
 私の考えすぎや、思い違いなら良いのですが、どこの世界に、お客様を待たせておいて、偉そうに遅れて出迎えるホストがいるでしょうか。帰りには主人は玄関に立って、お客様をお見送りするのが常識です。
 慣習や礼儀を重んじる外交の世界ならなおさらのことです。
 もしも、このことが私の勘違いでなければ、行方不明者の再調査など、今後の交渉に期待することはできません。

(写真は首相官邸ホームページから引用しました)

5月24日(月曜日) 首脳会談で気になったこと