先週の土曜日、杉並区立杉並第二小学校の創立120周年記念の式典と祝賀会が開催されました。
 私の長男と次男もお世話になった小学校ですが、ご招待をいただき、今回のイベントに参加しました。
 写真下は、丸山麻雄校長の式辞の様子です。来賓席の一番前に座っていましたので、このようなアングルで撮ることができました。
 現在の児童数は500人弱ですが、多い時は2,000人を越えていたそうです。時代の流れを感じます。このことは、祝賀会で何人かの同窓生の方々も話されていました。
 上の左側の写真は、吹奏楽部の演奏の風景です。杉二小の吹奏楽のレベルの高さは有名です。写真では分かりにくいのですが、お揃いのトレーナーがとても素敵でした。
 式典では、「翼をください」が演奏され、私も大きな声で一緒に歌いましが、なぜか涙が・・・。ご承知の通り、昭和47年に“赤い鳥”が歌って大ヒットした曲ですが、現在では音楽の教科書にも載っているようです。もともとは反戦歌でした。
 余談ですが、私が高校生のとき、“赤い鳥”を文化祭に呼びました。今では歌手や芸能人などが、大学祭など参加するのは珍しくありませんが、当時としては“先進的”なことだったかもしれません。
 ちなみに、もう時効と思いますのでお話しますが、文化祭の会場で演奏を“そっと”録音していました。そのテープは私の宝物でしたが、何回か引越しを繰り返しているうちに、行方不明になってしまいました。残念で仕方ありません。
 気分を取り直して?、右側の写真ですが、来賓控え室(校長室)のテーブルの上に飾られていたケーキです。食べられませんが、もの凄くリアルにできていました。
 写真にはありませんが、祝賀会では多くの皆さんと交流することができ、私にとっても有意義な時間でした。

(写真をクリックすると拡大します)

11月16日(火曜日) 杉二小創立120年記念