雑誌のアンケートやインタビューなどで「ネクタイは何本くらいお持ちですか」という内容の記事を見ることがあります。
 サラリーマン同士の会話でも時々ありますね。
 また、(最近はそうでもないですが)男性の個性のない通勤着スタイルの中で、唯一、センスを主張できるのはネクタイである、と言われることもあります。
 ところで、私のネクタイの所有数は約30本です。でも、多くの男性が同様と思いますが、気に入って締めているのはその三分の一くらいですね。
 いつのころからかは分からないのですが、気が付けば、持っているネクタイの全部が“レジメンタル”になっていました。(礼服用のものを除いて)
 レジメンタルタイは、イギリスの連隊旗の色を抜き出して斜めの縞柄にしたネクタイだそうです。
 最近、ネクタイを購入することはあまりありませんが、選ぶのは楽でいいですよ。ちなみに、ワイシャツはレジメンタルタイと相性の良い綿の“ボタンダウン”を着ています。
 アイビートラディショナルスタイルの復活ブームが来ることをひそかに祈っています。

11月21日(日曜日)

ネクタイ

(写真クリックで拡大)