11月23日(火曜日)

勤労感謝の日

(写真クリックで拡大)

 今日は勤労感謝の日です。
 国民の祝日に関する法律(祝日法)によれば「勤労をたっとび、生産を祝い、国民互いに感謝しあう」と解説されています。
 ご承知(最近はそうでもないかも)の通り、戦前の新嘗祭(にいなめさい)を引き継いでいます。
 新嘗祭とは「古くから天皇がその年に収穫された新穀や新酒を天照大神をはじめとする天地の神に供え農作物の恵みに感謝し、自らも食す儀式」と説明されています。
 ところで、最近は季節感が薄らいでいますし、ハッピーマンデー制度の影響もあり、国民の祝日の内容、由来などについて、改めて考えたり、意識したりすることは少なくなっているのではないでしょうか。そう言っている私自身もですが、年が明けると、ゴールデンウィークの休日、祝日の並び方に一番の関心があります。
 話は変わりますが、国民の祝日に国旗を掲げているご家庭は少ないですね。私の自宅の周りでも、祝日に国旗を見ることはほとんどありません。
 子どものころ(横浜市)は、少なくない家庭の門や玄関に、国旗が飾られていたような記憶があるのですが。
 特段の意味はありませんが、我が家でも国旗を祝日に掲げていません。

(写真は、我が家に咲いたのブーゲンビリア。朝日を受けて、とてもきれいです)