写真は、区内松ノ木二丁目付近の善福寺川です。
 一昨日、堀ノ内の親和交通に向かうときに撮ったものです。
 カルガモがとても気持ち良さそうにくつろいでいるので、記念?に1枚パチリ。
 カルガモは一年中、この川にいるようです。そういえば、大手町三井物産前の池のカルガモが超有名スターになったのは、何年前のことだったでしょう。バブル経済の時期と重なっていたと思いますが。カルガモレディもいましたね。
 川岸で休んでいるカルガモは、まるで置物のようです。
 ところで、私の新しいリーフレット“きれいな河の実現”の見出しで、次のように政策を載せています。
 「杉並区には、妙正寺川、善福寺川、神田川などがありますが、残念ながら、親しみのある河川とはいえません。下水道の分流化やろ過装置の導入で、大人も子どもも楽しめる河川を復活させます」。
 きれいな水の流れを見ることで、心が落ち着く方が多いと思います。先達のお話を聞くと、善福寺川で泳ぐことができたそうです。復活させたいですね。

12月19日(日曜日)

カルガモ

(写真クリックで拡大)