都議会議員に当選してから、専門誌のインタビューを受けています。
 上の記事は、「都政新報」という専門誌の最新号に掲載されたものを転載しました。
 新人議員の抱負を順次、載せていくようです。この号では、民主党2人、自民党と公明党が各1人、計4人が紹介されています。
 この「都政新報」は、区議会議員在籍のときも読んでいました。週に2回発行されており、東京都の行政・議会の専門誌としての定評は、優れたものがあります。 
 それと、昇進試験(東京都、23区など)を目指す皆さんのパートナーとして、多くの出版物も発行しています。
 記事の最後、性格の「短気で情にもろい」の“短気”は直さなければなりませんね。

7月31日(日曜日)

都政新報の記事

(写真クリックで拡大)