所属している常任委員会である、財政委員会の質問については、10月26日に報告していますが、先日、速記録ができましたので紹介します。
 上の速記録は、10月25日に開催された委員会のものですから、約1ヶ月後に印刷されたことになります。
 委員会での質疑の内容が忠実に(当然ですが)記録されています。“「異議なし」と呼ぶ者あり”とか“「いい答弁だ」と呼ぶ者あり”なども再現されています。
 都議会ホームページでも同時公開されますが、あらためて自分の発言を読んでみると、何となく、照れくさい部分も少なくありません。皆さんも一度、読んでみてください。
 ところで、速記者の方は2人1組で対応しています。どのような役割分担になっているのかは分かりませんが、大変に緊張を強いられる仕事でしょうね。速記と同時に、テープレコーダにも録音しています。
 中学生のころ、通信教育の早稲田速記に憧れ、勉強しようと思いましたが、三日と続きませんでした。
 なお、区議会の速記は参議院式であると聞いたことがあります。都議会の方式は分かりません。今度聞いておきます。
 ちなみに、日本の4大速記方式は、衆議院式・参議院式・早稲田式・中根式とのことです。

12月2日(金曜日)

委員会速記録

(書面クリックで拡大)