昨日午後2時前より、知事会議室において、都議会民主党の「平成18年度・東京都予算編成に対する要望」を提出しました。左の写真は、石原都知事に要望書を手渡す中村幹事長、右は全体の様子です。私も会派役員の一員として同席しています。(後列左端)
 柿沢政調会長から、いくつかの重点政策について説明がありましたが、A4版で34ページ、約400項目の内容です。全文はこちらをクリックしてご覧ください。
 その後、予算とは関係ないのですが、石原知事が「前原さん(民主党代表)の発言はどこが問題なんだろう。分からないね〜」と言われました。多分、中国の軍事力拡大や集団的自衛権のことと思いますが、知事の政治スタンスと共感するところがあったのでしょう。退室するとき更に「前原君、頑張れと伝えておいて欲しい」とも。代表が聞いたら喜ぶでしょうね。
 その後、下の写真の記者会見を行ないました。知事が毎週金曜日の午後3時から行なっている定例記者会見と同じ場所です。各社の記者からは、これといった質問はありませんでした。
 それから、都内の各種団体への挨拶回りがあり、朝の駅頭演説、、午前中の定期健診、事務所の機器搬入と続いた、一日の活動が終了しました。

(写真をクリックすると拡大します)

12月20日(火曜日) 予算要望と記者会見