一昨日は成人の日でした。杉並区では、杉並公会堂が工事中ですので、昨年に引き続いて中野サンプラザで「成人祝賀のつどい」が行なわれました。
 ただし、9日は当然中野区の成人式で使用しますので、杉並区は一日早い8日の開催でした。
 私も式典に参加しましたが、区長や区議会議長の挨拶のときも“私語”などなく、国歌斉唱や来賓紹介に対しても、きちんと対応をしていました。一部マスコミは、どうしても「荒れる成人式」を放映したいようですが、そんな時代ではないですね。
 話題は変わりますが、9日の12時から15時まで連続3時間、JR阿佐ヶ谷駅南口で遊説活動を実行しました。新年の挨拶と平成18年度の東京都予算の内容説明を中心に報告しましたが、多くの皆さんから激励をいただいています。
 途中5分間だけ駅前公園で休憩しましたが、そこで若い男性が「東京人」増刊(杉並を楽しむ本)を見ていました。

門脇:興味があってその本を買ったのですか?
青年:ええ。阿佐谷に引っ越してきたものですから。
門脇:いつ?阿佐谷のどこですか?
青年:今日です。駅の南側です。
門脇:阿佐谷が好きなんですね?
青年:そうです。特に中杉通りのケヤキ並木と活気のあるパールセンターが大好きです。
門脇:そうなんだ。実は僕も30数年前に同じような理由で阿佐谷に越してきたのです。
青年:そうですか。ここは素敵な街ですね。


 短い会話でしたが、何となく心が温かくなりました。

(写真はご本人たちの了解を得て撮りましたが、私の関係者ではありません。一緒に写っていただき、ありがとうございました)

1月11日(水曜日)

成人の日

(写真クリックで拡大)