次の日曜日から、立川市会議員選挙がスタートします。
 写真左は、その選挙に立候補を予定している「大石ふみお」さんで、事務所開きの日に写しました。同右は、同じ日の夕方、JR立川駅北口で行なわれた演説会の様子です。
 大石さんはこれまで、東京電力の組合役員を長く務められ、今回、立候補を決意されました。新潟県十日町市の出身で、現在45歳の働き盛りです。
 ホームページでは何回か報告していますが、東電の皆さんには過去から、選挙を中心に大変にお世話になっています。
 私もこれからの十日間ほど、できる限り応援に行く予定です。
 私も応援演説で申し上げたのですが、小沢一郎代表になってから、大きな都市での中間選挙は初めてです。その結果は、全国から注目されています。
 酒井都議とも話したのですが、もし(本当に仮定の話です)、多摩地域が東京都から独立して、「多摩県」ができれば、立川市は県庁所在地になるでしょう。とても活気のある街です。
 なお、右側の写真に写っているメンバーですが、左から、大石さん、遠藤連合東京会長、私、酒井大史都議会議員です。

(写真をクリックすると拡大します)

6月8日(木曜日) 立川「大石ふみお」さん応援