一昨日の金曜日、新東京会館で「第53回阿佐谷七夕まつり連絡会議」が開かれました。
 一昨年にも同様の報告をしていますが、主催者である「阿佐谷商店街振興組合(通称:パールセンター)」を始め、杉並区役所、杉並警察署、杉並消防署、商工会議所、ボーイスカウト、近隣商店会、JR東日本阿佐ヶ谷駅、東京メトロ南阿佐ヶ谷駅など、多くの関係団体の責任者の皆さんが集りました。
 写真のように、私も地元都議会議員として次のように挨拶をしています。
「ご承知の通り、東京都では10年後のオリンピックを招致する準備を進めています。これから、国内選考、国際都市選考と高いハードルがありますが、基本方針では8月に五輪を開催することが決まっています。42年前は10月に行なわれましたが、阿佐谷七夕まつり(8月上旬)→東京五輪→高円寺阿波おどり(8月下旬)、と進めば良いと考えています」
 なお、今回の開催日は、8月5日(土曜日)から9日(水曜日)までです。
 毎年、たくさんのお客様が楽しみにしているイベントですが、商店会では、後継者難、期間貸し店舗の増加などで、以前と比べて若干、装飾品のボリューム不足が心配です。
 “街の活気”という視点で、行政や議会もお手伝いする必要性があるように思います。

(写真をクリックすると拡大します)

6月11日(日曜日) 七夕まつり連絡会議