都庁第一庁舎と都議会議事堂の間には、「都民広場」と呼ばれているスペースがあります。
 かなり広い面積で、いろいろなイベントに利用されています。私も都議会に行くときに必ず通るところです。
 ただ、この都民広場、少し変なのです。私の目の錯覚でなければ、議事堂側から第一庁舎側に“傾斜”があります。
 多分、ボールを転がせば、低いほうに向かっていくと思います。
 鬼籍に入られた方を悪く言うつもりはありませんが、どうも、丹下健三さんの設計には無理があるようです。今、その弊害が建物のあちこちに“出現”しています。
 さて、一昨日、地下鉄出口からいつものように都議会に向かうと、都民広場で、「新素材による屋上・壁面緑化の実証展示園」という企画が開かれていました。
 建物の屋上や壁面の緑化が、環境に大変有効であることは良く知られています。
 今回の新商品は、「マット植物」といわれているもので、1マットの大きさは、タテ25cm、ヨコ25cmの正方形で厚さが4cmです。
 植物の種類もたくさんあり、屋上庭園やベランダガーデンにも適しています。
 価格は種類によっても異なりますが、1枚1,500円前後のようです。
 日本では新しい商品ですが、これからかなりの人気になると思います。

(写真をクリックすると拡大します)

10月1日(日曜日) 屋上・壁面緑化