一昨日の日曜日はとても良い天気でした。
 もとより、ナイーブな性格ではありませんが、天候と心の爽やかさは比例するようです。
 杉並第二小学校で、杉二アトムズの納会&六年生を送る会が行われ、OB父母として参加しました。
 杉二アトムズは長男と次男が卒業した、杉並区立杉並第二小学校の生徒で作っている「少年野球チーム」です。
 また、二人の子どもも、このチームに入っていまし、当時、妻はお世話係りで忙しくしていました。
 大学から杉並に住まいした私にとって、今でも多くの同級生や野球部の友達と親しくしている長男、次男を見ると、うらやましくさえ感じることがあります。友人は素晴らしいですね。
 ところで、アトムズの高学年チームは、杉並区内の決勝戦まで進んだのですが、惜しくも準優勝でした。中学校でも頑張ってください。低学年は地域の大会で優勝しました。おめでとうございます。
 次男の友宏は、お兄ちゃんに影響を受けて野球を始めたのですが、結局、高校は野球部の推薦で入学しました。
 毎朝、妻と次男は「早く起きなさい!」、「わかった、もう少しだけ」を繰り返し、戦争のようです。
 でも、5〜6チームに“助っ人”として参加している草野球の試合があると、どんなに早い時間でも、一人で起きて出かけて行きます。面白いですね。
 そういえば、大人の世界でも同じようなことがあります。早起きは苦手だけど、ゴルフとなると、午前5時30分に用賀の東名高速入口で、乗り合いの車が来るまで、元気に素振りしているサラリーマンが。
 でも、そういう人が私は好きです。

(写真をクリックすると拡大します)

12月12日(火曜日) 杉二アトムズ納会