今週と来週が新年会のピークです。
 さて、都議会に来て1年半になりました。4年間の任期の8分の3が過ぎたことになります。
 今まで、都庁舎や都議会議事堂の写真を何回か載せてきましたが、今回の左側の写真には、手前に都庁第一庁舎、奥に同第二庁舎が写っています。
 また、右側の写真は、都議会議事堂と第一、第二庁舎を連絡している「空中廊下」で、北側と南側に二つあります。
 ご覧いただいてお分かりの通り、大変に高い天井になっています。
 この時期、廊下は暖房が入っていないので、歩いていてもヒンヤリします。
 ところで、これらの建物は1991年に建てられました。はっきりとした“バブル期”は定義できませんが、だいたい、1987年から1991年の間だったようです。
 つまり、ある意味、バブル期の“最後の遺産”といっても良いでしょう。
 逆に言えば、あと数年遅れていれば、この建物はできなかったことになります(そのことの評価は別として)。
 ご覧のように、凹凸の多いゴチック調のビルですから、“窓ふき”なども、ずいぶんと手間がかかるようです。
 でも、多くの皆さんが、楽しそうに記念写真を撮っている風景を見ていると、少しだけ「ホット」しますね。

(写真をクリックすると拡大します)

1月13日(土曜日) 都庁舎と議事堂