「復活!」とは大袈裟な表現ですが、一昨日の日曜日、JR阿佐ヶ谷駅南口で、増田裕一区議会議員と一緒にロング駅頭を行いました。
 都知事選挙、区議会議員選挙、ゴールデンウィークなどがあり、しばらくの間、実施していませんでした。その意味で“復活”ですが、“再開”で良かったかもしれません。
 少し前から、増田区議らと「やろう!」と話しており、ようやく実現することになったわけです。次回からは、安斉あきら区議会議員も参加する予定です。
 当日は事務所で、参議院選挙の打ち合わせを終えたあと、JR阿佐ヶ谷駅南口に移動。この時期はほかの政党や議員も駅頭活動をしていません。
 私と増田さんが30分交替で、マイク(演説)とチラシ配りを行いましたが、少し驚いたのは、少なくない皆さんから激励をいただいたことです。
 “時節柄”、年金問題やそれに関連して参議院選挙のことを中心にお話しました。また、配布したチラシも年金に関することを記載したものでした。
 区民、都民の皆さんのこの問題に対しての関心や不安が伝わってくるようです。ただ、民主党は国政では野党ですが、政権奪取を目指して活動しているのですから、責任ある政策を提示しなければなりません。
 政権政党の批判はしますが、それだけでは結局、民主党政権が誕生しても、「なんだ、民主党に期待して投票したのに、自民党と同じではないか」となってしまいます。このことを常に意識して、今回の参議院議員選挙で自民党と戦っていかなければなりません。
 ところで、当日は12時から15時(午後3時)までの活動を予定していましたが、2時前になると、法務省の「社会を明るくする運動」のキャンペーンを実施される皆さんが集まってきました。
 この方々が私たちを、「いつ、やめるのかな」という感じで見ていました。私が、「皆さんは何時から始めるのですか」とお聞きすると、「2時からです」とのことでした。
 選挙期間中でもないし、このような公的団体の活動を邪魔するつもりはありません。「3時までの予定でしたが、あと15分(2時ジャスト)で終了します」と伝えました。
 切り上げるとき、そのことをマイクで話したら、参加者の皆さんから大きな拍手が起こりました。そういうつもりではなかったのですが、なんとなく爽やかな気持ちで駅頭活動を終えることができました。

(写真をクリックすると拡大します)

7月3日(火曜日) 復活!連続駅頭