日共躍進法も今日が最終です。
 前回、「今こそ、日共は真の共産主義政党としての政策を提示しなければならないでしょう」と書きました。
 日共が政権を獲得するプロセスは、次のようになると思います。民主連合政府→民族解放民主革命→社会主義革命→共産党政権樹立です。
 最初の民主連合政府は、国会で極小政党になってしまった現在、“連合”しようにも、したくても、その相手がいなくなってしまいました。あえて言えば、社会民主党でしょうが、一緒に共闘しても、国会での影響力は大きくはならないでしょう。
 そうすると、民族解放民主革命からスタートすることになります。これは一般的に言えば、アメリカ帝国主義と戦うことです。つまり、日米安全保障条約破棄です。
 現在の日共はこのことを棚上げしていますが、こんなことでは、真の共産党、前衛党としての役割を果たしていません。日共にとって、今一番大切なことは、日米軍事同盟即時破棄を打ち出すことです。
 次も重要ですが、立憲君主制(天皇制)の廃止です。これについても、当面は認めるなどと、訳の分からないことをいっていますが、選挙目当ての一時的な言い訳に過ぎません。
 日本国憲法は第9条から始まっているのではありません。共産主義者にとって、第1章天皇を削除しない限り、民主革命を絶対に成し遂げることはできないでしょう。つまり、ここをクリアーにしないと先に進めないのです。
 それから、自衛隊の解体です。かっての赤旗まつりで、不破哲三氏は参加者の質問に、「共産党が政権に就けば、今の自衛隊を解散して新しい軍隊を創設する」との趣旨で答えています。
 具体的にはどのような軍隊か分かりませんが、早急にこのことを政策に盛り込む必要があると思います。
 いずれの課題も、国民、有権者から白い目で見られそうなことばかりですが、それを克服してこそ、本当の共産主義者としての人間が完成するでしょう。真の自己解放です。
 選挙で勝利するには、上記の政策提示しかありません。

(写真:代々木の党本部ビル。政党の中では一番広いスペースを持っている建物。大手ゼネコンの戸田建設が施工)

9月5日(水曜日)

共産党躍進法
(その3)


(写真クリックで拡大)