先週の金曜日のスポーツ新聞に、東京ヤクルトスワローズ監督である古田敦也さんが、「政界進出、衆議院出馬か」という記事が一面に掲載されました。
 写真は6月22日、上野の水上音楽堂で開催された、すずきかん参議院議員の決起集会で、古田監督が激励の挨拶をしている様子です。
 もちろん、私も参加しましたが、詳しい当日の内容は、こちらをクリックしてご覧ください。
 さて、このスポーツ新聞によると、民主党の“超目玉”として立候補の可能性があるのは、なんと!東京8区(杉並区)だそうです。現職である自民党の石原伸晃さんへの“刺客”とも書かれていました。
 たしかに、現段階では東京8区の民主党小選挙区候補者は決定していませんし、解散総選挙に向けて、できる限り早く決めなければならないことも事実です。
 ただし、私は東京8区総支部幹事長ですが、現在のところ、本部や東京都連から、このことについての連絡はありません。
 実現すれば文字通り、“超目玉候補”になりますし、地元としても大歓迎です。人柄も明るい方のようですし。
 でも、少し事情を知っている人に聞いてみると・・・、実現に至る道のりは極めて厳しい、その可能性は極めて小さいようです。
 しかし、「政界は一寸先は闇」の逆も成り立つわけですから、100%ありえないことではないでしょう。

9月24日(月曜日)

古田監督が!?

(写真クリックで拡大)