(写真をクリックすると拡大します)

10月23日(火曜日) オリンピック署名活動

 一昨日の日曜日、都内8ヶ所で、2016年東京オリンピック、パラリンピック招致に向けての街頭署名活動が行われました。
 東京オリンピック招致委員会、東京都東京オリンピック招致本部、日本オリンピック委員会及び日本パラリンピック委員会が主催したものですが、私も東京都議会オリンピック招致議員連盟のメンバーとして参加しました。
 午前11時から12時50分までは原宿駅前神宮橋で、午後1時から2時30分までは新宿駅西口広場イベントコーナーで、合計200分間の署名活動でした。
 写真上段は神宮橋前の様子です。たくさんの人通りでしたが、多くの皆さんに協力をいただきました。
 外国の方も少なくなく、私のところに来ていただいた方だけでも、台湾、韓国、アメリカ、ドイツ、アラブ首長国連邦国籍の皆さんが署名に応じてくれています。
 原宿では抜けるような秋空のもと、声をからしてお願いをしていましたので、すっかり日焼け顔になってしまいました(左側お二人が目をつぶってしまったのは強い日差しのためです)。
 それから新宿駅(写真下段)に移動。ここは署名活動としては、少し場所が悪かったですね。そして、しばらくすると、写真左の菅原秀夫副知事が登場!
 偶然ですが、隣のブースでは、主税局主催の「不正軽油撲滅作戦」のPRが行われていました。菅原副知事は前主税局長です。
 菅原さんは五輪署名活動を盛り上げるために、それまで主税局イベントの呼び込みをしていた担当者に、署名活動に協力をするアナウンスを指示してくれました。
 実際、このことがきっかけとなって、署名をしてくれる人数が増えました。
 また、五輪招致のノボリ、風船など媒体物の位置なども、よく見える場所に移動し、これも効果てきめんでした。
 菅原さんともお話をしましたが、“現場第一主義”は、とても大切ですね。
 なお、昨日報告がありましたが、全体では1万名を超える方々が署名に協力してくれたとのことです。ありがとうございました。