連日とても暑い日が続いていますが、昨日の午後3時から、飯田橋にある「労働相談情報センター」に行ってきました。
 写真右下にもあるように、東京都の外郭団体「東京しごとセンター」の建物の中に入っています。
 労働相談センターは外郭団体ではなく、産業労働局のひとつのセクションになります。ここがヘッドオフィスで、都内に5カ所のブランチがあります。
 センター所長は部長級で、写真左上の手前左側の女性が福寿所長です。彼女はここに異動になる前は、議会局の調査情報課長で、私も大変にお世話になった優秀な幹部職員です。
 さて、今回の訪問は、現在最終的な企画調整を行なっている政策の調査研究のためでした。
 詳しい内容については、後日お伝えしますが、“職場における心の健康相談”などの実態について、担当責任者から詳細に内容を伺ってきました。特に“うつ病”のことが中心です。
 写真右上は相談室内部、左下は情報コーナーにおいてある労働組合のパンフレットなどです。
 現場に足を運び、しっかりと政策企画の準備をすることが重要と感じた訪問でした。このことにより、活きた政策を打ち出すことができると確信しています。

(写真をクリックすると拡大します)

7月16日(水曜日) 政策企画への準備