少し前のことになりますが、12月9日(水)午後6時半より、連合杉並地区協議会定期総会が開かれました。当日は本会議の一般質問の日でしたので、私は終了後に会場に向かい、懇親会からの参加になりました。
 私と連合杉並さんとのお付き合いは古く、今年秋に開かれた東京都と杉並区で初共催となる「うつ病セミナー」は、このようなお付き合いから、私も一役買わせていただきました。もともとうつ病対策に取り組んでいた私に、元連合杉並の事務局長だった安斉さん(現在杉並区議)から相談があり実現したものです。ちなみに、うつ病対策の取り組みについては、昨年の7月16日、10月29日、12月16日、今年の10月28日の記事をご覧下さい。
 ところで、連合杉並の現議長の福田議長(写真左端)は、最近大変スリムになり、気付けば、他の役員もメタボらしき人は殆どいません。聞くところ、福田議長はマラソンを始められてから体重が落ち、また彼に影響を受けてランナーが増え、皆体重が落ちていったそうです。そして、今年の3月の府中で行われる10km(女性は5km)のマラソン大会に仲間で出場されるそうです。
 健康を維持するために、運動をする。これはとても大切なことです。適度なスポーツは、うつ病にもかかりづらくなるといわれていますし、医学的にも健康を維持するのに大変有効です。労働組合の皆さんが、自ら率先して、健康促進のためにスポーツをするというのは、私は素晴らしい取り組みであると感じました。
 残念ながらスポーツ音痴の私は、マラソンはしませんが、事務所スタッフで走れる者がいますので、彼女に出場を打診してみようかなと思っています。

12月23日(水曜日)

連合杉並の総会

(写真クリックで拡大)