2月17日(木曜日)

渡辺美樹さんの訪問

(写真クリックで拡大)

 報道されている通り、一昨日、ワタミグループ会長の渡辺美樹さんが、東京都知事選挙に立候補すると記者会見を行いました。
 そして昨日の午前11時半ころ、そのご本人が私たち都議会民主党にお見えになりました。写真はそのときの様子で、場所は幹事長室です。
 特にアポイントメントがあったわけではありませんが、昨日は午後から本会議・一般質問が行なわれるため、会派役員も集まっており、極めて短時間ですが、彼の”表敬訪問”を受けたということです。
 ですから、このホームページでお伝えする話題は特段ありません。ただ、渡辺さんは、「私は地域政党を作るということは考えていません」、「知事と議会との信頼関係をしっかりと築いていきたい」と言われていました。
 これは、橋本大阪府知事の”大阪維新の会”や河村名古屋市長の”減税日本”を意識したものと思われます。つまり、そのような立場とは異なる姿勢であると強調されたかたのでしょう。
 また、「ご支援をいただける皆さんがいらっしゃれば、是非、お願いしたい」とも話されていました。まあ、そうでなければ、表敬といっても、都議会各会派に挨拶に来られることはないですね。
 それから一部で報道された、「前回の選挙で石原陣営のブレーンを務めた方を渡辺後援会の参謀として迎えた」ということについては、彼自身が、「○○さんは石原さんの4選には反対の立場です」と話していました。もちろん、私たちはそのことについては確認する立場にはありません。
 ただ、私が驚いたのは、一昨日の記者会見以降のとても素早い広報宣伝体制です。名刺からホームページまで、伝えられているように昨年12月から綿密な準備をしていたのでしょう。
 石原慎太郎さんの去就は依然として不明ですが、初の本格的候補の出馬が、今後の展開に大きな影響を与えたことは間違いないと思います。