写真は都議会議事堂内の階段です。
 民主党の控室は5階にありますが、2階のエントランスのスペースの高さが2倍あり、1階から5階までは“6階分”歩くことになります。
 いまは実施されていませんが、大震災直後の計画停電(新宿区、杉並区ともに対象地域外)のときから、議事堂と3階にある自分の事務所では階段を利用しています。
 もちろん、だからといって、エレベーターを使っている皆さんを批判するつもりはありませんし、駅や商業施設などでエスカレーターが動いていればそれに乗っています。
 また、タバコをやめてから2カ月近くになりますが、それにより“息切れ”も少なくなり、階段を上ることが難儀ではなくなりました。良い副作用ですね。
 その他にも、夏の電力使用ピークに向けて、何ができるか予行演習を兼ねて生活(行動)形態を少しずつ変えています。また、長く続かないであろう無理なことはやりません。
 さて、写真の階段ですが、照明が明るすぎるように思われるかもしれませんが、この階段室にはセンサーが付いていて、人の気配を感じると照度がアップするようになっています。
 議事堂や事務所のエレベータは一人で乗ることが多く、階段での“通勤”はこれからも続けていきます。

4月30日(土曜日)

階段での通勤

(写真クリックで拡大)