8月5日(金曜日) 無事に退院しました
(写真をクリックすると拡大します)

 先週から1週間ほど入院していましたが、お陰さまで昨日の午前10時に予定通り退院することができました。
 病院内生活の内容などはこれからお伝えしていく予定ですが、身体(精神も?)の治療も目的以上の結果を出すことができ、極めて規則正しい毎日を送っていましたので、ほぼ“完全復帰”の状況で戻ってまいりました。
 実際、昨日は退院のあと、お世話になっている仲間の皆さんと東京港(湾)の視察と計量検定所の見学を行いました(その内容は後日報告します)。
 この間、ご心配をいただいた、また、ご迷惑をお掛けした数多くの方々にあらためてお礼を申し上げます。ありがとうございました。
 さて、私が入院していたのは、新宿区にある「独立行政法人・国立国際医療研究センター病院」という長い名前の医療機関でした。
 上の写真はその外観などですが、約1年前に新築された建物でもあり、限られた時間でしたが、とても快適に過ごすことができたのは幸いでした。
 診療科数も大変多く(写真右上)、同様に医師の皆さんの人数も写真左下のように大勢在席されています。なお、右下の写真は病室からの風景で、池袋のサンシャインや早稲田大学が良く見えました。
 本日は取り急ぎ、退院の報告をいたしました。これからレベルアップして、議会活動や地元活動に奮闘してまいりますので、皆さんのご支援とご指導をお願いいたします。