上の2枚の写真は区内阿佐ヶ谷地域にあるセブンイレブンの店舗で、左の写真には前日に放映されたテレビ番組のことがPRされています。
 私もその時間、自宅で見ていましたが、妻とも「セブンイレブンの“おでん”は美味しそうだね」と話していました。番組の中でこのコンビニのおでん玉子がどのように作られていのかを紹介していたのです。
 それで、フランチャイズチェーンですから、本部とのいろいろな約束事があるのでしょうが、この店舗のオーナーさんの戦略には感心しました。ちなみに、周辺の他のお店ではこのような打ち出しはありませんでした。
 もちろん、詳しいことは分かりませんが、この店の売り上げは好調かもしれません。また、右の写真の左側には、この店舗独自の玉子サービスが書かれています。
 次に、下段の写真は家庭訪問の途中で見つけた新しいシステムの駐車場です。区内桃井の青梅街道を少し入ったところですが、午前10時過ぎには満車でした。
 10月4日にも今回とは異なるシステムの駐車場を紹介しましたが、人間は次々に新しいものを考えますね。それから、ここも前回お伝えした駐車場と同様にロック板はありません。
 今日の記事の最後ですが、私が気になたのは、写真下の「“ごめんね”パーク」です。何が“ごめんね”なのでしょうか。右上にあるように“激安!”だからかな?

10月30日(日曜日) 街の風景を二つ
(写真をクリックすると拡大します)