昨日はこの季節としては気温が高く、夕方までは半袖でも寒くありませんでした。しかし、11月も間もなく2週目ですから、これからは肌寒いが増えてくるのでしょう。
 さて、以前は一部のチェーンを除きそれほどメジャーではなかった、コンビニエンス・ストアの“おでん”の売上げが好調のようです。
 写真は自宅近くのサンクスのノボリ旗ですが、やはり、コンビニのおでんといえばセブンイレブンが老舗ですし、すべて比べたわけではありませんが、一番美味しいと思います。
 それで、そのノボリには、故・赤塚不二夫さんの「おそ松くん」に登場する“チビ太”が描かれています。チビ太の大好物がおでんであることは良く知られていますね(?)。
 「おそ松くん」は「ひみつのアッコちゃん」、「天才バカボン」と並ぶ赤塚不二夫さんの代表作で、週刊少年サンデーに5年間ほど連載されていたそうです。
 遠い昔のことになりますが、私は小学校2年生から6年生ごろのことだったと思います。この時期、横浜の金沢八景に住んでいましたが、少年サンデーを毎週買って、おそ松くんを読んでいましたし、わら半紙(実際に使っていた方は少なくなっているでしょう)にチビ太とおでんをいつも書いていました。本当のことです。
 キャラクターとしては、おそ松くんを始めとする主人公の六つ子より、このチビ太イヤミ(“シェー”が有名)、ハタ坊(頭に日の丸を立てている)、デカパンなどが好きでした。
 また、このころの少年週刊誌はこのサンデーと週刊少年マガジンが双璧だったように思います。

11月6日(日曜日) 

チビ太のおでん

(写真クリックで拡大)