11月6日〜12日まで、バルト三国記念週間が東京都内で行われました。皆さん、あまりご存知なかったと思いますが、私は偶然そのイベントを知ることとなり、11月9日渋谷区文化総合センター大和田の会場へ足を運びました。
 今年は、日本・バルト三国国交樹立90周年、そして国交回復20周年にあたり、このイベントが開催されることになったそうですが、正直私はこれらの国々をよく知りませんでした。
 写真展を拝見しましたが、とてものどかで、そして大変美しい風景を見て正直驚きました。ぜひ一度行ってみたい国々だと思いました。
 バルト三国のうち、リトアニア共和国はポーランドなどから逃れてきたユダヤ系避難民に対して、日本通過ビザを発給した杉原千畝副領事がいた国です。リトアニアでは、2001年10月に杉原千畝生誕100周年を記念し、首都ビリニュス及びカウナスで桜の記念植樹が行われ、式典には大統領も参加されたそうですし、ビリニュス市内には、「杉原千畝桜公園」と命名された公園もあると聞きました。
 経済では、バルト三国のうち、唯一ユーロに加盟しているのは、エストニア共和国ですが、リトアニア共和国もラトビア共和国も2014年に加盟を目指しているそうです。今後、ギリシャ、イタリアの影響がどのように出るのかわかりませんが、ソ連から独立直後の経済の混乱から、よくここまで踏ん張ったと思います。国民性なのでしょうか、本当に興味がわいた国々です。
 私が公務で中国へ出張中にイベントが開催され、映画(バルト三国の歴史などを紹介した)などの鑑賞ができませんでしたので、ぜひ近いうちに拝見させていただきたいと思っています。

11月18日(金曜日)

バルト三国
記念週間イベント


(写真クリックで拡大)