7月5日(木曜日) 新幹事長に酒井大史さん
(写真をクリックすると拡大します)

 昨日の都議会民主党総会で幹事長選挙が実施されました。
 立候補したのは、政策調査会長の酒井大史(3期:立川市)さん経済・港湾委員会委員長の伊藤まさき(2期:葛飾区)さんの2人でしたが、投票結果は、酒井さんが新しい幹事長に選出されました。なお、私は酒井さんに投じました。
 当日は投票に先立って立候補の所信表明が行われ、両候補がそれぞれの抱負を語りましたが、これからの会派運営を一致協力していこうということは共通していました。
 この1年間、私たちの会派には数々の隘路がありましたが、これから決まる(幹事長から指名)政策調査会長、総務会長を中心に、来年夏の都議会議員選挙まで結束を強めていかなければなりません。
 ところで、幹事長選挙が行われたのは6年ぶりとなります。前回は田中良さんと相川博さんの一騎打ちでしたが、田中さんは杉並区長に転出、相川さんは自民党に行ってしまいました。時代の流れを感じますね。
 それから、新しい役員(執行部)体制は8月1日からスタートしますが、それまでには具体的な人選が進められるものと思います。
 写真は幹事長選挙終了後、お礼と決意を述べる酒井さん(中央)です。その左隣が現幹事長の山下太郎さん、同総務会長の大塚たかあきさん、そして私です。