衆議院議員選挙の結果を受けて

 衆議院議員選挙の投開票が昨日終わり、私たち民主党は全国各地で数多くの候補者が落選し、結果は惨敗となりました。このことを極めて重大に受け止めています。
 また同時に、小選挙区の候補者、比例区の党名にご協力いただいた皆さんに深くお礼を申し上げます。状況が厳しい中、本当にありがとうございました。
 私は衆議院東京8(杉並)区で立候補した円より子さん(写真左)の選対本部長として、12日間の選挙期間を区議会議員や彼女の後援会の方々などと共に戦いました。
 ご承知の皆さんも多いと思いますが、彼女の公認が決まったのは選挙がスタート(公示)した僅か1週間前でした。文字通り、その間はバタバタでしたが、関係者の皆さんに支えられて何とか出馬することができたわけです。
 ただ、選挙は結果がすべてだということも当然ですから、これから少し時間を掛けて敗因の分析して、今後の活動に活かしていかなければなりません。
 また、選挙期間中の出来事や杉並区内での比例区の各党票数傾向などは、このホームページで紹介していこうと思っています。
 今日の写真は最終日(8日土曜)の朝一番で応援に来ていただいた野田佳彦内閣総理です。場所は荻窪タウンセブン前ですが、演説をすぐ後ろで聞いていて涙が出そうになりました。
 今回の結果を真摯に受け止めなければならないことはもちろんですが、私は負けません。皆さんのご意見をよく聴き、来年夏の決戦に向けさらに奮闘努力してまいります。