最悪のウィルス対策ソフト

abunaisoftこれは“ウィルス対策ソフト”ではなく、最悪のウィルスそのもので、その名前は、「System Care Antivirus」です。
私の長いコンピューター使用歴の中で、幸いにして現在までウィルスの被害をこうむったことはありませんでした。もちろん、最低限の対策は講じていましたが・・・。
数日前に自宅コンピューターに突然、写真の画面が現れました。すべて英語表示ですが、何やら、PC内にウィルスファイルがあるか、PCがウィルスに感染しているかどうか調べてその結果を示していました。
これらの結果はすべて“嘘”だったののですが、次にその対策ソフトを購入するよう求める画面になりました。まあ、ここまでは今までにも似たようなケースはありましたので、画面をクローズして、PCトラブルの助っ人である「システムの復元」を使おうと思いましたが、これがまったく立ち上がりません。
それどころか、メールソフトを始めほとんどのアプリケーションが立ち上がらなくなってしまいました。コントロールパネルからのアプリケーションのアンインストールもできません。この段階で正直なところ、使用OSのWindows7の再インストールも考えましたが、どのようなわけか、私の場合はインターネットエキスプローラーは立ち上がり(これもダメなケースが多いようです)、この極悪ソフトの名前で検索して、対策の方法を見つけることができました。
いくつかのサイトがあり、回復はそれほど難しい作業が必要ではないのですが、「対策は当方にお任せください。今すぐご連絡ください」などというPRページもありました。何とも複雑な気持ちになってしまいます。
さて、どうしてこの画面が出てくるのかということですが、アダルトサイトなどではなく、一般の、普通のサイトを見ただけでも感染してしまうようです。しかも、善良なウィルス対策ソフトを停止させて無効にしてしまいます。
コンピューターは私たちの仕事や趣味など、日常生活に欠かせないものになりましたが、個人では解決が難しい問題も増えていますね。この最悪詐欺ソフトも日々、名前を変え、システムを変えて“進化”しているそうです。もう、まったく・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です