新しい副代表と再会

jyofukudaihyochakunin昨日に続いて台北駐日経済文化代表処中華民国:台湾大使館)の副代表(ナンバー2:一般的には公使)の話題です。
前副代表の羅坤燦さんを羽田空港でお見送りしたあと、懇意している代表処の皆さんが、「これから後任の副代表がここに来ますよ。門脇さんも時間があればお会いになれば」を言われました。
実は後任の副代表は「台北駐日経済文化代表処札幌分処」(領事館に相当)代表の徐瑞湖さんが就任されることは知っていましたが、彼と同じ場所ですぐに会えるとは思っていませんでした。ほどなく現れ、そのときに撮ったものが今日の写真です。
さて、30年ほど前になりますが、当時民社党の区議会議員だった私は23区の先輩議員といっしょに初めて台湾を訪れました。メンバーは全員民社党所属の議員でした。
そのときに、数日間にわたり付きっきりでお世話してくれたのが徐瑞湖さんでした。当時は民社党と台湾国民党との関係はとても良好であり、彼は民社党所属の議員視察を担当してくれていたのです。
その後、日本に赴任されて、私もいっしょに食事をしたりして交流を続けていました。初めてお会いしたときは三等書記官でしたから、大変なご出世ということになりますが、教師出身の彼の優しさや人柄の良さはまったく変わっていませんでした。
代表処での業務が一段落されたらお会いすること約束して、羽田空港国際線ターミナルを後にしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です