障害者団体連合会会長と

IMG_0017昨日、杉並区役所1階にある喫茶店で、杉並区障害者団体連合会会長の高橋博さんと懇談しました。この喫茶店は知的障害者の皆さんも働いているところです。
少し前に高橋会長から団体機関紙を送っていただきたとき、そこに一筆箋が入っていて、「お元気ですか。最近お会いしていませんね。近いうちに会えるといいですね」と直筆で書いてありました。そういえば、元気のなかった期間もありましたので、高橋さんには都議選後、お会いしていませんでした。これではダメですね。
ですから、すぐにお電話をしたところ、昨日の懇談となりました。高橋さんはお見えになると、「生活はどうしているのか心配していました」と言われました。実はそのように思っていただいている方は多いのですが、そのこと自体が私にとってはとてもありがたく感じています。
そして現在、社会福祉法人の理事などを務めていることを説明し、このブログでは後日報告しますが、民主党本部及び都連からのサポート制度に私が選出されたとのこともお伝えしました。もちろん、それでも浪人中は厳しい生活環境が続きますが、高橋さんと同席されて事務局の方も喜んでいただきました。「それは良かったね」と。
それから、区内の福祉法人のこと、これからの政治活動のことなどをお話しし、彼からはいくつかのアドバイスをもらっています。先日も書きましたが、落選後も多くの方に直接、間接にご心配いただき、そして、朝の駅頭活動などもそうなのですが、多くの皆さんに激励をいただいていることに感謝!感謝!です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です