まるごと台湾フェア(その2)

DSC06049DSC06054DSC06059昨日に続いて「まるごと台湾フェア」の話題ですが、そのオープニングセレモニーのときに私にとっては嬉しいちょっとしたハプニングがありました。
来賓として出席されていた台北駐日経済文化代表処(中華民国駐日大使館)徐瑞湖さんの挨拶が始まる直前、ちょうどそのときに事務所から会場に着いた私を見つけて、彼はイベントの祝辞を述べる前に私との30年以上の関係を披露されたのです。
もちろん、大勢のお客様の大半はその意味が分からなかったのでしょうが
、あとで関係者の皆さんからは「そうだったんですね」と言われました。
そして、彼はユーモアを込めて、「台湾から日本への年間観光客は人口の1割以上の234万です。もし、同じように日本から人口の1割の1300万人が台湾に来ていただければ、それだけで、台湾観光局の年間誘致目標は達成します」と言われ、皆さんの笑いを誘っていました。
そのあと、彼と業務組(政治部)の主席課長の王瑞豊さんは、会場から数分のところにある私の事務所を訪問してくれました。一時間弱の意見、情報交換でしたが、大使館のナンバー2(副代表:公使)が地方議員(浪人中ですが)の個人事務所を訪れることは珍しいようです。
話題は変わりますが、会場には台湾(一部上海でも)のセブンイレブンキャラクターのOPENちゃんが登場していました。現地ではもの凄い人気だそうですが、先日、台湾に行ったとき、何回かセブンイレブンで買い物をしましたが気が付きませんでした。いわゆる“ゆるキャラ”ですが、とても可愛いです。写真のポーズが得意のようです。
また、写真のビール、本、お弁当などは会場で求めたものです。私は台湾ビールが大好き(特に瓶に⑱と書かれてあるもの:製造から18日以内に飲むこと)ですが、パイナップルビールなどのフルーティなものはどうも・・・。
なお、写真のパイナップルケーキに“参加費に含む”とあるのは、講演会や演奏会の参加費500円のお土産としていただきました。OPENちゃんのストラップは日本限定でした。
いずれにしても、楽しいイベント、国際交流企画でした。関係者、ボランティアの皆さん、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です