フレッシュで美味しいライチ

IMG_1309 台北駐日経済文化代表処(中華民国駐日大使館)からはいつも季節の果物を贈っていただいているのですが、今回は写真のライチ(レイシとも)が届きました。ご覧のようにかなりのボリュームで約3kg入っていました。
 私はよく知らなかったのですが、ライチにもいくつかの種類があり、いただいたのは「糯米」(もちもちライチ)と呼ばれているものだそうです。糖度が高く、種が小さいのが特徴と書いてありました。その他には、ドラゴンライチや黒葉ライチなどがあるとも説明されています。
 古代から中国では珍重されていて、絶世の美女・楊貴妃が中国南部の産地から都まで早馬で運ばせたのは有名ですね。当時はかなりの貴重品だったのでしょう。
 ところで、早速いただきましたが、甘くて美味しかったですし、冷蔵便で着きましたので、しっかりと冷えていたのが良かったです。ただ、贅沢を言ってはいけませんが、種がもう少し小さいと嬉しいですね(≧∇≦)
 それから、数多い種類のビタミンとミネラルを含んだ健康果実でもあるところが素敵です。

自民党は本当に保守政党なのか

IMG_1267 他党のことながら、人の良さそうな自民党国対委員長の佐藤勉さんが、「弾がどんどん後ろから飛んでくる」と嘆いているのも分かりますね。だから言ったでしょ、「“後方”には注意しないといけない」と(≧∇≦)
 そして、何だか名前が変な自民党の勉強会のリーダーも更迭されてしまいました。別に同情する訳ではありませんが、可哀想じゃないですか。安倍さんの文字通り、尖鋭な応援団だったのに。一応、党内には「その処分はおかしい」と言っている人もいるようですが、人情味のない政党と感じました。もちろん、皮肉ではありません。
 それから、そういう勢力があったと初めて知りましたが、ほぼ反対側の考え方を持った議員さんたちが、小林よしのりさんを招いて勉強会をやろうとしたら、党執行部から“ダメ”と言われて、あっけなく中止になったり、「朝まで生テレビ」への出演依頼を集団で断ったり(余談ですが、公明党の理由もかなりユニークでした)と、自民党(+公明党)や政府、何よりも安倍さんは相当焦っているようです。
 私自身は、報道されている沖縄の二つの新聞の報道姿勢に過去から思いがありますが、だからと言って、“潰してしまえ”とは乱暴ですし、“広告費からマスコミを締め上げろ”には、いわば、友軍である読売新聞や産経新聞を少し向こう側に追いやってしまいました。こんなこと、普通に考えれば分かると思うのですが、潮目変更の第二弾になってしまいました。
 いずれにしても、タイトルのように今の自民党は本当に保守政党なのかなと考えてしまいます。以前にも何回かお伝えしましたが、自民党は過去からいろいろあっても、少なくても戦争の芽を摘み取ってきた人たちがいました。それがどうでしょう、現在は保守政党としての優しさや矜持などなくなってしまったようです。

二人の孫も順調に育っています

yunosuke201506IMG_1241xy 大泉逸郎さんと門脇睦男さんとの違いがよく分からず、大ヒット曲「孫」は私と同じ苗字の方が歌っていると思っていました。お二人のファンの皆さんには申し訳ありません(≧∇≦)
 さて、私たち夫婦の孫二人(長男・颯之介、次男・圭佑)もお陰様で順調に育っています。颯之介は7カ月、圭佑は1年10カ月になります。颯之介は最近、ハイハイも始まったそうで、お嫁さんからLINEなどで写真や近況が送られてきます。
 一方、圭佑の写真はパパと一緒にアンパンマンを見ている風景ですが、なかなか、やんちゃぶりを発揮してくれています。また、自分の主張も着々と示すようにもなっています。三人の息子たちも二人の孫たちも全員男ですが、女の子はどうなんでしょうか。
 これから、もしかしたら、そんなことが分かるときが来るかも知れませんね(^∀^)

美味しいワインを堪能しました

IMG_3389xyIMG_3388IMG_1251 友人の区議会議員の紹介で、四ツ谷駅から徒歩数分にあるイタリアンレストラン「リストランテ・カミーヤ」で開催された“2015年初夏のワイン会”に参加しました。
 このお店を含めて数店を経営されているオーナーさんが杉並にお住まいで、冒頭の区議会議員とは長いお付き合いをされているとのことでした。当日は赤ワインの最高品種といわれている“ピノノワール”ワインが5種類提供され、もちろん、料理もとても美味しかったです。何でも、この品種はブルゴーニューのロマネコンティと同じ原料だそうです。私にはよく分かりませんでしたが(≧∇≦)
 ユニークだったのはそれぞれの種類をいただく前に、農学博士でもある清水健一先生から詳しい説明があっとことです。これはかなり勉強になりましたし、私は席が近かったのでいろいろと質問をしましたが、すべて丁寧に答えていただきました。ちなみに、世界中のどんなに高価なワイン(例えばロマネコンティも)でも原価は3~4千円と言われていたことには驚きました。
 それから、満席のお客様との会話も楽しかったですね。ある大手造船重機メーカーの役員さん(奥様)、製薬会社に勤めているお嬢さん3人、公認会計士の方、講師の先生などお話をしていると、それぞれ共通の友人がいたり、労組が私の出身産別と一緒だったりと、大いに盛り上がりました。異業種交流会でしょうか。
 横浜(みなとみらいセンタービル)や町田にもお店があり、ここを含めて訪れてみたいと思いました。それと、何故か最後に、写真のバーボンウイスキーが試飲的に出てきました。私は大好きな種類のお酒ですが、とても旨く、アメリカでも入手困難なウイスキーとのことです。
IMG_1256

松沼副区長がご勇退

IMG_3393 今日の朝の駅頭活動はJR阿佐ヶ谷駅南口でしたが、それが終了したとき、区議会の増田裕一さんが、「門脇さん、今日が松沼副区長の勤務最終日です」と教えてくれました。
 それで先ほど、区役所の副区長室に松沼信夫さんを訪ね、ご挨拶をしてきました。最終日にもかかわらず30分ほどの時間を割いていただき、とても懐かしい想い出などで大いに盛り上がりました。
 また、私が長年のご勤務に対して、「本当にお疲れ様でした」と申し上げたのですが、松沼さんからは、「これから特に頑張ってください」と逆に激励をいただいてしまいました(≧∇≦) もちろん、とても嬉しかったのですね。
 昭和50年に杉並区役所に入られ40年間、杉並区政に大変貢献された松沼さんにあらためて深くお礼を申し上げます。ありがとうございました。私もこれまでいろいろなアドバイスをいただきてきましたが、今後はそれらに応えられるよう奮闘努力してまいります。
 副区長室を出るとき、「少し落ち着いたら、吉祥寺あたりで一杯やりましょう」とのお誘いに、「お待ちしています」と答えていただきました。それも今から楽しみです。

節電はどうなったのか

kabukichoichibangai 今日のタイトルはもちろん、私を含めてということですが、4年少し前の地震と津波で原子力発電所が破壊され、それ以降、1基のそれも稼働していないのに、節電、省エネの実施がずいぶんとおろそかになってしまっているようです。評論家的な言い方は避けなければなりませんが、“喉元過ぎれば熱さを忘れる”状態でしょうか。
 地下鉄の蛍光灯もLEDに取り換えられている車両が増えてきていますが、以前は何本か撤去されていたものが復活しています。また、パチンコ屋さんの店休日も月に1回くらいは地域輪番であったように思いますが、いつのころからか、それもなくなってしまっているようです。コンビニエンスストアや飲料自動販売機はかなり努力してくれましたが。
 そして、当然ですが、一つひとつの業態を批判するつもりはありません。ですが、4年前の東京の街は確かにそれ以前よりも、今よりも暗くなっていました。しかし、治安的に問題が特にあったとは聞いてませんでしたし、何となく心の灯りが“ぽっと”輝いたように感じていました。日常的な生活に大きな影響は出ていなかったでしょう。何となく“連帯感”のような気持ちを都民の皆さんが共有していたようにも思います。
 原子力発電所の再稼働の是非については別として、クリーン(再生可能)エネルギーの開発にはまだまだ時間が必要な状況で、節電、省エネを今こそ推進することが大切でしょう。

毎日の服装は~クールビズ

IMG_1243xy クールビズも数年前からすっかり定着していますが、省エネや快適さからも大歓迎です。毎朝、駅前に立っていると、そのことがよく分かります。小泉元総理の最大の功績でしょう(≧∇≦)
 ところで、5月から10月までの私の服装ですが、プライベート(との境は難しいのですが)の場合がは別として、その6カ月間はネクタイはしません。また、概ねですが、5~6月は上着着用、7~8月は上着なし、9月~10月はまた上着着用が基本です。
 その上着ですが、ほとんど紺ブレで背広を着ることはありません。スーツのネクタイなしは何となく馴染みませんね。つまり、この期間は仏事など以外はスーツ姿で登場することはないということです。
 それから、パンツは5本ほどを交替ではいています。色合いは異なりますが、すべてダーク系であまり面白味はありません。ワイシャツはこれまたすべてボタンダウンで、色はブルー、ピンク、ホワイトが4、4、2の割合です。それから、最近のボタンダウンは前立てのボタンがたくさんついていたり、襟の裏側にもプリントがあったりと素敵ですが、私のそれは全部オックスフォード地のとてもシンプルなものです。
 あとは靴とベルトですが、黒と茶色の組み合わせが半々くらいでしょうか。何だかこのように書いてくると、確かにSimple is bestなどですが、何の面白味もない、おしゃれでもない服装とあらためて感じました。

昨年比170%を達成

IMG_3384 私はかつて小売業で働いていましたので、昨年比予算比という言葉の響きにけっこう反応することが多いです。お店は昭島店、武蔵境店、橋本店の3店舗を経験しましたが、売り場のチーフ(当時・部門長)を担当していた期間、昨年比、予算比ともに数字が下回ったことは一度もありませんでした。商品もどんどん売れた良い時代と懐かしむこともあります。
 さて、民主党では今月末まで各地域、総支部単位で党員・サポーターの拡大運動を行っています。私は現在、「次の都議選で民主党公認で立候補する」、「当選後は民主党(系)会派に所属する」などを誓約書として提出したうえで、民主党本部と都連から活動費を定期的にいただいています。これを“再チャレンジ制度”と称しています。
 そのことがあるからではありませんが、党員・サポーターの拡大はしっかりと励まなければなりません。この間、とても多くに皆さんにご理解、ご協力をいただき、昨年比でタイトルのように170%を達成することができました。本当にありがとうございます。
 それから、“その分母は何人?”と問われるのは当然ですが、ここではあえて記載しません。ただ、その昨年の人数と今回の拡大人数は、都連事務局や同僚都議会議員と相談し、党内的ではありますが、一定の評価を得られるものと思っています。回りくどくてすみません(≧∇≦)
 すでに、所属総支部に名簿を送り、党費(会費)の振込みも済ませています。まだまだ、民主党に対する皆さんの印象を回復できていませんが、再来年の都議選に向けて、地道な活動に挺身してまいります。

上手な病院のかかり方

IMG_3374xyIMG_3376IMG_3378xy 連続講座としての「河北(総合病院)健康教室」の24回目は、分院院長の岡井隆広先生が講師を務められ、西館地下の講堂で開催されました。前回同様、会場はほぼ満員で、地域の皆さん、患者な皆さんの関心の高さが分かりました。
 講演な内容は大分類の項目として、「賢い外来のかかり方」、「かかりつけ医を持ちましょう」、「医療の役割分担」、「在宅医療のすすめ」、そして、医療ソーシャルワーカーさんから、「医療費(とりわけ高額医療費)」について、とても分かりやくお話がありました。いわば、タイトルの「基本」の“キ”ですね。また、参加者の皆さんの多くはメモを取っていたのが印象的でした。
 それから、いずれも当然のことなのですが、一般的な検(健)診の結果は必ずかかりつけ医に見せる、できれば“かかりつけ薬局”を持つ、医師から言われた指導内容はメモする、次回の診療を決めるためにスケジュール表などを持参する、セカンドオピニオンを希望するときは遠慮なく申し出るなど、私もどの内容もあらためて、「そうだったよな」と自分に言い聞かせました(≧∇≦)
 ところで、医師から見たあるべき患者像とはどんなことでしょうか。もちろん、現場の医師はそんなことを絶対に言いませんが。特に順位はありませんが、やはり、“素直な患者さん”となることが大切でしょう。医師から指導を受けたことをきちんと守ることです。当たり前のことですが、これがけっこうできていないケースが少なくありません。
 私は以前、開業医から血圧に関して、「ラーメンのスープや日本そばの汁は飲まないように」とアドバイスをいただきましたが、その日から今日まで確実にそのことを守っています。最初は辛く、もったいなかったですが、慣れてしまえば何の問題もありません。そして、その経過を先生に自信を持って報告し、それを聞いた医師は本当に喜んでくれます。何事もいう通りにするという意味ではありませんが、このようなことがお互いの信頼関係を構築するでしょう。
 さらに、病気な治ったとき、症状が改善したとき、担当医に、「治していただき、ありがとうございます」と素直に申し上げることでしょうか。お医者さんもいろいろですが、どうも、これを患者さんから言ってもらうことに職業として、人として喜びを感じていらっしゃるようです。
 現在、一部とはいえ、モンスターペイシェントの存在が大きな問題になっています。この病院ではありませんが、机の下に非常ベルを用意したり、少し離れたところに警備員を配置している場合もあります。特に問題が多いのは、時間外の小児救急です。世の中全体がそのようにぎすぎすした雰囲気になっていることはもの凄く残念ですが、せめて、身体や心の病を癒し、治してくれる医療の場ではそのようなことがないようにしなければと感じています。

父の日の贈り物

IMG_1235xy 昨日の皆さんのブログやFacebookでは、父の日の話題が多かったですね。私は一日遅れてのアップです。
 日ごろの買い物はJR阿佐ヶ谷駅北口のイトーヨーカドー食品館が多いのですが、西友、サミット、イオンマーケット(旧・ピーコック)、いなげやなどを利用することもあります。それで、昨日はワンコの食料も購入しなければならず、妻、次男と一緒に高井戸にあるオリンピックに行きました。
 そこで、次男(夫婦)に買ってもらったのが、大好きな芋焼酎「富乃宝山」の一升瓶です。もう一本はお嫁さんのお父さんへのプレゼントの日本酒です。
 また、長男(夫婦)からはすでにワンランクアップビールが贈られていましたし、三男からは写真にはありませんが、ボタンダウンの素敵なワイシャツをもらいました。
 どれも、大切に飲み、大切に着ます(^∀^)
IMG_1236IMG_1211

安倍首相は本当に姑息だ

 P1030520xy確かに憲法学者の先生方が最終的な判断を下すわけではありませんが、それだったら、自民党や公明党の主張に合った人を呼べばよかったと思います。そのような大学教授だって少なくないのですから。やっぱり、“おごり”があったのでしょうね。
 さて、私は過去から、わが国の自衛隊の活動をとても高く評価させていただいています。私の義務教育時代には世間で「自衛隊は違憲である」という考え方がありましたが、現在ではさすがにそのようなことを言っている人たちいません。自衛隊が国民の側にある限り、遠い将来まで専守防衛の防人として信頼を失うことはないでしょう。
 それで、国会で安全保障関連の法案が審議され、通常国会の会期が大幅に延長されようとしています。もちろん、しっかりと議論してもらいたいのですが、安倍さんの考え方はおかしいです。突っ込みどころはいくつかありますが、やはり“後方支援”のことです。連日のように報道されていますから、詳しくは省略しますが、そもそも「後方だから安全だ」という論理そのものが間違っていると思います。
 戦闘行為あるいは戦争そのものは前線が重要ですが、太古の昔から“兵站”がいかに大切か、軍事的なことは詳しくない私でも理解しています。中国共産党の軍隊である人民解放軍を領導する中央軍事委員会は4部制になっています。総参謀部、総政治部、総装備部、そして、総後勤部です。後勤部とは兵站を担っているセクションで、言いかたを変えれば“後方支援”です。
 それほど戦闘行為では後方支援が大切で、逆に言えば、敵はそこを狙って攻撃を仕掛けてきます。前線の士気がどんなに高くても、弾薬や食料が補充されなければ戦いに負けてしまいます。古今東西の著名な戦いがそれを証明しています。
 つまり、安倍さんはそのことを分かっているのでしょうが、“後方だから安全だ”と繰り返している姿勢は本当に姑息です。これでは、いざというとき、国民のために命を落とすことを覚悟している自衛隊員に失礼でしょう。集団的自衛権を確立したければ、憲法を改正すれば良いのです。96条に改正の手続きが定められているのですから、堂々とやるべきでしょう。その意味でも二重に姑息です。
 自分の政策などなく、ひたすら「アーミテージレポート」を実行することだけを考えている安倍(+公明党)政権は一刻も早く打倒しなければなりません。

親子3代のブランコ

IMG_1198 場所は自宅近くの都立善福寺緑地(公園)、右から孫の圭佑、私、次男の友宏ですが、何だか、私が一番嬉しそうです。
 あと1年もすれば、もう一人の孫の颯之介も一緒にブランコに乗れそうです。それにしても、何十年ぶりにブランコに乗りましたが、けっこう楽しいですね(≧∇≦)」

中野での楽しい懇親会

IMG_1230 写真の女性は渡邊千恵子さんで、彼女の結婚披露宴では主賓として挨拶をさせていただきました。もう1年前のことになりますが、とても素晴らしく、楽しい時間だったことをよく覚えています。
 ご覧のように明るく、綺麗なお嬢さんです。私の次男と同じ年齢ですが、娘というより、かなり年の離れた妹のようです(≧∇≦) また、お父さんも何かと応援してくれています。
 いつもは共通の友人と一緒の懇親会が定例なのですが、当日はキャンセルがあり、予約もしてあったので“決行”、中野駅南口の牡蠣料理の居酒屋さんでしたが、なかなか美味しく、店員さんの対応も好感が持てました。ネットでお店を探すのも良いですね。
 話題は多方面に展開しましたが、若い方の意見や考えを聴くのも本当に勉強になります。あっという間の時間でした。それにしても、何故、おしゃもじを持っているのでしょうか(*^-^*)

佼成会の宿直当番

IMG_1221[1] 立正佼成会杉並教会では、教会事務所のある“道場”で夜間の宿直を行っています。私の場合は1カ月に1回もしくは3カ月に2回程度のそれになります。写真は朝、宿直を無事に終了して、これから自宅に戻るときに、今度は午前6時30分からの早朝当番の方に撮っていただきました。
 さて、その時間は午後7時から翌朝の6時30分までですが、3人体制で行っています。私はまだ駆け出しですから、その二人の方にいろいろと教えていただき、務めさせていただいています。
 そして、宿直ですから、あってはいけないのですが、緊急事態が発生する可能性があり、その場合は的確に対応しなければなりません。当然のことですね。ですから、飲酒はご法度ということになります。
 私はお付き合いでも家でも毎日お酒をいただきますので、この宿直が年間でも貴重な“休肝日”となります。初めてのときは大丈夫かなと思いましたが、今では睡眠も含めてまったく問題なく朝を迎えています。
 精神的にも、身体的にも良い宿直ですね。合掌。

「アマゾン」を上手に利用

IMG_3367xy[1] 孫のおもちゃや雑貨を買うときは、イトーヨーカドー武蔵小金井店の“アカチャンホンポ”を利用していますが、さすがに写真ような大きいものを持ってくるのは車を運転しない私にとってかなり難儀です。
 ですから、紙おむつの袋がある下の段ボールに印刷してある通販サイトの「アマゾン」から購入することが多いです。特にこの会社の宣伝をするわけではありませんが、年間3900円を払うとプライム会員になることができます。特典としては、「お急ぎ便・お届け日時指定便」が無料になることなどですが、その他にファミリー特典という制度があり、5000円以上のベビー用品の買物で使える3900円分のクーポンをプレゼントしてくれます。これで、年会費は実質無料になります。
 もちろん、ベビー用品が必要ない方にはメリットはありませんが、わが家のように二人の孫がいる場合は大変役に立ちます。これから、長男、次男の子供のおむつがはずれるまで利用できそうです。それにしても、4パックのメリーズ紙おむつが入っていた段ボールはとても大きかったです。宅配便の運転手さん、ありがとうございました。
それにしても、大手宅配便業者の配達個数の3割をアマゾン一社で占めているというのは本当でしょうか。飛脚印の青年は来なくなってしまいましたし(≧∇≦)

かわいそうな絵画たち

IMG_1210 今日の朝の駅頭活動は荻窪駅南口で行いました。いつものように、“紙兎ロペ”を見て現地に向かう途中、自宅からそう離れていない場所で写真の絵画を見つけました。ゴミ置き場の前にあり、今日は不燃物収集の日でした。
 私は絵のことはよく分かりませんが、ご覧のようにパステル調の素敵なものがたくさんありました。ここに「よろしかったら、お持ちください」と書いてあれば、事務所に飾りたいと思いましたが、勝手に持っていったらそれはそれで問題になってしまうかも知れません。残念ですが、仕方ありませんでした(≧∇≦)
 それで、90分間の活動を終えて、再びこの場所を通ると絵画たちは消えていました。不燃ゴミはまだ収集されておらず、そうすると、どこに行ったのでしょうか。何となく謎めいています。

台湾文化センターが開館

 IMG_3361IMG_3362xyIMG_3363台北駐日経済文化代表処(中華民国駐日大使館)のホームページに以下のように記事が載っていました。
 「台日文化交流の拠点として、東京・白金台の台北駐日経済文化代表処に設置されていた『台北文化センター』が、港区虎ノ門に移転するのを機に、名称も台北駐日経済文化代表処『台湾文化センター』と改め6月12日よりスタートします。同センターには、多目的イベントスペース、ギャラリー、マルチメディア資料室も併設され、台湾の映像、音楽、出版、芸術、文化の発信地、台湾文化交流の場として、多彩な活動がより一層展開されることになります」。
 ということで、台湾ウィークの最終日に行ってきました。場所は地下鉄銀座線の虎ノ門駅が一番近いのですが、丸ノ内線、千代田線、日比谷線、都営三田線からも徒歩数分で、とてもロケーションが良いです。
 当日は台湾映画「KANO 1931 海の向こうの甲子園」の上映があり、事前にセンターの方にお願いしていたので、ゆっくりと最前列で観ることができました。この作品は間もなく、DVDとBDが発売されますが、評判通りの名作で、3時間を超える上映時間があっという間でした。
 それから、台湾原住民(わが国では“先住民”と表記しますが、これですと、消滅した民族という意味になってしまいます)や客家の皆さんの演奏会もありましたが、私は一足先に失礼しています。また、1930年代から70年代までの台湾各地の懐かしい風景や人々たちの写真が展示されていました。
 日本では台湾の人気は引き続き上昇中ですが、一度、訪ねられたらいかがでしょうか。

労働組合の組織力は低下したのか

IMG_3354IMG_3358xy タイトルの“組織力”とはよく指摘されているような、全体の労働者の中で組合に加入している皆さんの割合という意味も含みますが、どちらかというと、連合などの労働団体が社会に、政治に及ぼす影響力との表現が良いかも知れません。
 私自身、卒業後に流通・スーパーに就職して、その会社の組合で活動を始めました。その上部団体は「民社(党)・同盟」系で、労使協調型の運動方針でしたが、不当労働行為などに対しては徹底して戦う姿勢が特徴的でした。それが現在の「UAゼンセン」ですが、その方針はまったく同じで、パートさんの組織化も積極的に行っています。
 さて、労働者派遣法改悪に対して、連合は民主党とともに正面から抗議して戦いを進めています。国会前の抗議集会やシビック・ホール、日比谷野音などでも大がかりな集会も開催して、意思表示を行っているのはご承知の通りです。
 今後、前述の派遣法改悪の国会での審議は予断を許さないでしょう。その状況の中で、私がとてもお世話になっている方がこんなことを言っていました。念のため、かつては労組の先鋭的活動家でしたが、けっして左翼ではありません。「昔だったらゼネストもんだな。明治公園をいっぱいにしてデモ行進しなきゃ」と。
 確かに遠い昔、ゼネストの計画はありましたが、実現しませんでし、それを指導していたのは共産党系でした。私もお聞きしていて“少しオーバーでは”とも思いましたが、この老活動家の想いは共有できるようにも感じました。確かに景気・経済が良い時代でしたが、労組の集会はメーデーはもちろんのこと、どれも大変盛り上がっていたように記憶しています。また、そういう時代だったのでしょう。
 そういえば、この秋で会長を辞任される連合の古賀伸明会長さんが新聞で、「反省しているのは『大衆運動』に力を入れなかったことです。民主党が政権の座にあるのだから、政治の場での要求実現に主眼を置いていました。それはそれで正しかったと思うが、国民世論を喚起するパワーが弱まってしまった。『両建(りょうだ)て』で行くべきでした」と述べられていました。
 労働組合にとって大衆運動の定義は難しいのでしょうが、会長が言われてことは事実、本音なのでしょう。連合杉並の活動をお手伝いしている時間、ふと、そんなことを思い出しました。
IMG_3350

西荻窪の”魚こう寿司”

IMG_3334IMG_3333IMG_3336 水産会社や飲食店を経営している「魚耕」は杉並ではとても名前が知られています。そのグループの魚こう寿司西荻窪店に友人の紹介で行ってきました。JR西荻窪駅南口から徒歩3分のところにあり、この日は地下の部屋を利用させていただきましたが、お店は綺麗で従業員の接遇も大変良かったです。
 ところで、お会いしたのは杉並区議会議員の井口かづ子さんで、現在、区議会自民党の幹事長を務められ、また、議会運営委員会委員長として活躍されています。しかし、前回に続いて政治のこと、きな臭い話は一切ありません。お世話になった元・区議会議員だったご主人(故人)のこと、経営されている企業のことなどで大いに盛り上がりました。
 さて、このお店の料理は本当にどれも美味しかったです。そのすべてを写真に撮りたかったのですが、それでは彼女に失礼になります。そして、今日の1枚は“オコゼのから揚げ”ですが、これは文字通りの絶品で、もちろん、骨まで全部いただきました。
 また、お寿司屋さんですから、それを一番の楽しみにしていましたが、ご覧のように上品で見た目もお味も素晴らしかったです。久しぶりにお箸を使わず食べました。その他にも、お腹が良い具合に満たされる料理やデザートで、繰り返しますが、会話も弾んだ至福のひとときでした。

ボリュームありのヘルシーな朝食

choshokugood先日も似たような写真を載せましたが、今日の朝食です。右下はタマネギをスライスして“チン”したものとワカメで、上には生姜のみじん切りがあります。これにポン酢をかけて混ぜて最初にいただきます。それから、ブロッコリー(カリフラワーの場合もあり)とマカロニサラダですが、使っているマヨネーズはハーフカロリーです。そして、カボチャの煮物、少量のご飯と小さめの納豆カップ、コーヒーです。総合病院の栄養士さんに聞いてみると、「男の方ですと、物足りないのでは」と言われていましたが、けっこうボリュームがあり、朝から満腹感はあります。ただし、いつも朝食は午前5時過ぎなので、駅頭から帰ってくるともうお腹がすいています(≧∇≦)

周永康さんの無期懲役が確定

shueikan201505 前・中国共産党中央委員会政治局常務委員だった周永康さんに無期懲役の判決が出ていたことが先日、報道されました。もう、終わっていたのですね。薄熙来さんのときのように一定限度は公開されると思っていたのに残念です。
 それにしても、周永康さんの自慢のオールバックの頭髪は真っ白になっていました。極度の疲労や死刑判決の恐怖から白くなったのではなく、今まで多分、きれいに染めていたのでしょう。でも、かつては裁判所も政法委員会書記(中国で“書記”は日本と異なりその部門の最高責任者)として、自分が好き勝手に振る舞ってきた裁判所で罪の宣告を受けることはどのような気持ちだったのでしょうか。まあ、これからは北京市にある秦城監獄で気楽な余生を過ごすわけですが、外から襲われる心配はないし、お孫さんとは会えるでしょう。
 それから、故意の国家機密漏洩が罪状としてあるのに、判決は「特に深刻な結果はもたらせなかった」と意味不明な内容でした。これだけでも、楽屋裏でダイナミックな取り引きがあったことは間違いありません。そう遠くない将来、有期刑から仮釈放ですね。
 さて、習近平さんが進めている強力な腐敗摘発闘争ですが、それからどうなるのでしょう。元々共青団出身ですから少し変なのですが、令計画さんをどう裁くのか、邪魔でしょうがない江沢民さんをどうするか、北戴河会議を前に頭が痛いでしょう。この総書記さんも最近はかなりナーバスになっていて、数百人規模の防衛部隊を信用できず、イベント開催数分前に総取り替えしたりしています。何だか、お隣の即時処刑が大好きな親愛なる指導者より悩ましいです。
 最後に、“いけいけドンドン”の中央紀律委員会の声明は、「反腐敗は腐敗幹部を打倒する一方で組織を傷め、党のイメージを損なう『もろ刃の剣』」と公表しています。“そんなこと、始めから分かっていたじゃん”と突っ込みどころ満載ですが、ここに現最高指導部の苦悩があるのでしょうか。江沢民さんも海南省の山に登って元気に何か叫んでいるようですし(≧∇≦)

上野と池之端周辺を歩く

IMG_3341IMG_3342IMG_3339IMG_3344 池之端で行われた研修会では、元・自動車総連会長で現在は弁護士業を営んでいる方の講演を聞きました。そして、その後のイベントまで私は待機となり、特にパソコンなども持ってこなかったので、この周辺の街並みを見て回ることにしました。運動にもなりますから。
 まず、御徒町まで行き、有名な“アメ横”をいつもよりゆっくりと歩きました。浅草もそうですが、前後左右から聞こえてくるのは日本語よりも北京語が多いです。そして、その方向を見ると、その皆さんたちが大陸からか、台湾からか分かるようになりました。不思議なものですね。
 それから、テレビでいつも紹介されているエスニックの雰囲気が満載の食品地下売り場を散策しました。私が大好きなホルモン系もあちこちで売られていて、本当に買って帰ろうかなと思ったほどです。もちろん、妻に怒られるだけですからやめました(≧∇≦)
 また、JR高架線下の居酒屋さんのこの時間から満員で大繁盛です。右側の「大統領」はかつて利用したことがありますが、平日の昼のみは格別なのでしょう。それから、上野の森にう向かい、東京都美術館、上野動物園の前まで行き、東照宮横を通って不忍池です。
 いつかは乗ってみたい“スワンボート”の先には新しくなった「東天紅」が見えました。なかなか立派です。そして、弁天堂横を通って研修会場に戻ってきました。その途中、横山大観美術館などもあり、台東区と文京区の境が入り組んでいるこの地域はとても文化的な場所なのだと感じました。また、空いた時間の有効利用だったと思います。

超特急ブランデー梅酒

IMG_3326 去年の11月には“カリン酒”を作りました。あと5カ月で美味しくいただけそうですが、今でも十分に飲むことができるそうです。でも、それまで待ちましょうね(≧∇≦)
 さて、先日のことですが、自宅近くの方の玄関横に、「庭で取れたもぎたて梅です。どうぞ、お持ちください」と貼り紙を妻が“発見”し、私がいただいてきました。
 そして、今度は焼酎でなく、ブランデーに漬けることにして、4リットル瓶、角砂糖、サントリーのV.O3本を用意しました。「これから、1年の辛抱だな」と思っていたら、あるサイトに、「ブランデー梅酒が1週間で美味しくできます」と載っているのを見つけました。
 その作り方は至ってシンプルで、梅のヘタを取って、優しく洗って優しく拭きます。ここまでは同じですが、その梅を冷凍します。こうすると、細胞が破壊されてエキスが出やすくなるそうです。それからは簡単で、瓶に冷凍梅を入れてブランデーを注ぎます。角砂糖はお好みですが、私はあまり甘いのは苦手ですので入れませんでした。蒸留酒と砂糖なしですから、とてもヘルシーでしょう。
 来週には美味しくいただけると思うとドキドキします。どのようにできたかは、そのときにお伝えします。
IMG_1101IMG_3330

“腹3分目”

11401272_405629226295526_8079599717835099440_n[1]これからお世話になっている団体の研修会に参加するため、湯島に向かいますが、朝からバタバタしているうち、お昼ご飯の時間がなくなりました。それで、セブンイレブンで買ってきた“SOYJOY”2本が昼食です。合計で279kcalです。“腹三分目”ですが、特に問題はありません(≧∇≦)

気持ちは分かるのですが・・・

IMG_1119 もちろん、まだまだ、景気回復が実感できない状況で、飲食店は価格もお味も一所懸命に努力されています。そして、お客さんは少しでも美味しい、廉価なお店を目指して少々遠くても足を運んでいます。
 そのことは本当によく分かるのですが、私も少なくない友人のサラリーマンにお聞きすると、「ライスの大盛りが無料だと、ついついお願いしてしまう。満腹感が欲しいからね。炭水化物の取り過ぎは良くないと分かっているんだけど」と遠慮気味に答えが返ってきます。
 繰り返しますが、今日の写真の三つの飲食店には何の問題もありませんし、前述のように営業努力なのですが、「んー」と考えてしまうことも事実でです。これは、医師や栄養士にも聞いていますが、ほぼ、私と同じ意見のようです。しかし、「私たちからそこまでは指摘できませんから」とも言われています。
 それから、テレビのバラエティー番組では、“食べ放題特集”なども放映され、視聴率もけっこう取れるそうです。それはそれで問題ありませんが、「どこまで食べれば元が取れるか」というのはちょっとやり過ぎのような気がします。相手も商売ですからね。
 そして、ライスが無料とか極めて廉価とかも、表現的にどうなんでしょうか。つまり、厳密に言えば無料と言ってもそれは全体的な原価の中には含まれているはずです。そうすると、その分は普通量を食べている人たちが相対的に負担しているとも思えるのです。
 まあ、理屈をこねることは好きではありませんので、それ以上ではないのですが、高血圧症、糖尿病などの生活習慣病のことを意識するのであれば(医療費の削減もです)、人それぞれですから一概には言えませんが、“腹八分目”がとても大切なのでしょう。
IMG_1123

IMG_1125

地域・お世話活動は続く

IMG_1149[1]xy 各級議員はそれぞれ、法規に基づいて決められた政治活動看板を設置することができます。写真のように大きいものですので、壁などに付けていただいている支持者の方々には本当に感謝しています。
 そのうちの一枚、井の頭通り沿いのタイヤ販売店横にある看板が“経年劣化”して、上の顔写真がはがれてしましました。とても情けないイメージですね(≧∇≦)
 それで、縦40センチ×横40センチの写真をコイデカメラさんに特注して、きれいに仕上げてくれました。また、それを本部にお願いしてラミネート加工をしてもらい、早速、貼ってきました。これで、一安心です。
 また、事務所では現役時代よりその件数は減少していますが、お世話活動を行い、陳情に対応しています。写真は医療機器のセキュリティーについてのご相談をお受けしている様子です。陳情者の方のOKをいただいて撮ったものです。
 いつもお伝えしていますが、やはり、事務所という拠点があることはすべての活動の原点になっていると思います。もちろん、それを維持できているのは多くの皆さんの物心両面の応援があるからと、あらためて、心の中で静かにお礼を申し上げています。
IMG_1151IMG_1152

孫の成長は早いですね

IMG_1077xy 私の自宅の近く、徒歩3分のところには適度の大きさの区立公園があります。また、同7~8分のところには大規模な都立公園があり、どちらにも、すべり台、砂場、鉄棒、トイレなど定番のものはそろっています。
 写真は区立公園ですが、最近、孫(次男の長男)の圭佑と一緒にここに行く機会が増えました。時間にしたらそれほど長くはないのですが、私自身もけっこう楽しんでいます。ただ、1歳10カ月の男の子ですから、目を離すことはできないのは当然ですし、ほかの子を押しのけてすべり台の順番を“確保”しようとするときなどは正直なところ、焦ってしましますね。
 また、写真のようにまだ短い時間ですが、鉄棒にぶら下がることができるようになりました。そして、自分ではまだまだ勢いをつけることはできませんが、両親などに押してもらって、とても楽しそうにブランコに乗っています。その横の私もですが(≧∇≦)
 それから、もう一人の孫の颯之介も長男が乗用車を買ったので、これからは杉並に来やすくなるでしょう。長男も先日、そのように言っていました。ですから、二つのブランコに二人の孫が乗っている姿を見ることもそう遠い先ではないでしょう。
 私は「男の子だから、女の子だから、こんな遊び方がいい」という想いは特にありませんが、やはり、男の子は活発に、砂場では泥んこになって遊んでくれるとその後の手間はかかりますが、とても嬉しいですね。ちなみに、ここ数回は砂場からお風呂場に直行です。
keisuketetsubokeisukeburanko

おにぎりは一つに

2015-06-09 12.01.12昨日に続いてお弁当のことです。これから毎日、アップしたりしませんからご安心を(≧∇≦) おにぎりは昨日より少し大きくなって一つになりました。やはり、二つはカロリー面から多いでしょう。支援者の方からいただいたサクランボはとても美味しかったです(^∀^)

素敵なサトーブリアン

IMG_3297IMG_3300IMG_3295 阿佐ヶ谷地域だけではなく、オール東京でとても有名なお店「サトーブリアン」に増田裕一区議会議員と行ってきました。とにかく、このお店の予約を取るのは至難の業ですが、かといって、数カ月先のそれは受け付けていないのでなおさらです。
 では、どうして入ることが出来たのか。開店と同時に、つまり、午後5時から7時までの時間帯で予約したことでした。これは、オーナーさん(社長)の佐藤明弘さんに教えてもらいました。ただし、ウィークデイのこの時間を利用することは逆に難しいですね(≧∇≦)
 さて、注文した基本コースのお肉などはどれも美味しく、すべてが“大当たり”でした。とりわけ、店名の由来の“シャトーブリアン”は文字通り、ぽっぺたが落ちそうになりました。私は普段、あまり牛肉は食べませんし、焼肉は好きですが、ホルモン系ばかりいただいていますが、ここのお肉はもちろん、サラダ、キムチ、シチュー、デザートに至るまで至福の約2時間でした。
 そして、出されるお肉はすべてお店の方が丁寧に焼いてくれますので、焼き具合も抜群ですし、アルバイトのお兄さんたちもイケメンぞろいで、会話も楽しかったです。オーナーさんも含め、この種のお店にありがちな“気取り”がありません。また、ワインなども良心的な価格で提供されているので安心です。
 「食べログ」などのサイトにメニューや数多い口コミが掲載されているので、関心のある皆さんはご参考にされてください。それから、同じ阿佐ヶ谷の南口商店会の中にも支店が出来たようです。私も機会があれば(予約が出来れば)、そちらにも行きたいと思っています。

事務所でお弁当です

11393109_404444236414025_2336565832860642029_n[2]今週は、党員・サポーター拡大活動の名簿点検・準備や新しい組織の立ち上げのため、事務所業務が多くなります。よって、最近はあまり作ってもらわなかったお弁当です。ただ、おにぎり二つは多いですね。明日からほんの少し大きくして一つにします(≧∇≦) それでは、いただきます。