ボリュームありのヘルシーな朝食

choshokugood先日も似たような写真を載せましたが、今日の朝食です。右下はタマネギをスライスして“チン”したものとワカメで、上には生姜のみじん切りがあります。これにポン酢をかけて混ぜて最初にいただきます。それから、ブロッコリー(カリフラワーの場合もあり)とマカロニサラダですが、使っているマヨネーズはハーフカロリーです。そして、カボチャの煮物、少量のご飯と小さめの納豆カップ、コーヒーです。総合病院の栄養士さんに聞いてみると、「男の方ですと、物足りないのでは」と言われていましたが、けっこうボリュームがあり、朝から満腹感はあります。ただし、いつも朝食は午前5時過ぎなので、駅頭から帰ってくるともうお腹がすいています(≧∇≦)

周永康さんの無期懲役が確定

shueikan201505 前・中国共産党中央委員会政治局常務委員だった周永康さんに無期懲役の判決が出ていたことが先日、報道されました。もう、終わっていたのですね。薄熙来さんのときのように一定限度は公開されると思っていたのに残念です。
 それにしても、周永康さんの自慢のオールバックの頭髪は真っ白になっていました。極度の疲労や死刑判決の恐怖から白くなったのではなく、今まで多分、きれいに染めていたのでしょう。でも、かつては裁判所も政法委員会書記(中国で“書記”は日本と異なりその部門の最高責任者)として、自分が好き勝手に振る舞ってきた裁判所で罪の宣告を受けることはどのような気持ちだったのでしょうか。まあ、これからは北京市にある秦城監獄で気楽な余生を過ごすわけですが、外から襲われる心配はないし、お孫さんとは会えるでしょう。
 それから、故意の国家機密漏洩が罪状としてあるのに、判決は「特に深刻な結果はもたらせなかった」と意味不明な内容でした。これだけでも、楽屋裏でダイナミックな取り引きがあったことは間違いありません。そう遠くない将来、有期刑から仮釈放ですね。
 さて、習近平さんが進めている強力な腐敗摘発闘争ですが、それからどうなるのでしょう。元々共青団出身ですから少し変なのですが、令計画さんをどう裁くのか、邪魔でしょうがない江沢民さんをどうするか、北戴河会議を前に頭が痛いでしょう。この総書記さんも最近はかなりナーバスになっていて、数百人規模の防衛部隊を信用できず、イベント開催数分前に総取り替えしたりしています。何だか、お隣の即時処刑が大好きな親愛なる指導者より悩ましいです。
 最後に、“いけいけドンドン”の中央紀律委員会の声明は、「反腐敗は腐敗幹部を打倒する一方で組織を傷め、党のイメージを損なう『もろ刃の剣』」と公表しています。“そんなこと、始めから分かっていたじゃん”と突っ込みどころ満載ですが、ここに現最高指導部の苦悩があるのでしょうか。江沢民さんも海南省の山に登って元気に何か叫んでいるようですし(≧∇≦)