肩こりと五十肩からの脱出

 IMG_6216事務所で何をやっているのかですが、「エア縄跳び」です。前回り50、後ろ回り50で、3回ずつやります。そして、続けてやると少し息が上がるので、間に両手を大きく左右に広げて30秒ほどその姿勢を維持します。これを2回ずつで、この流れを一日に2~3セットです。
 背骨、腰骨の矯正は長男の友人にやってもらい、とても良くなりましたっが、それだけで、肩こり五十肩が治るわけではありません。やっぱり、自分自身で動かなければダメですね。そこで、1カ月ほど前から上述の運動を始めました。これですと、事務所でも自宅でも畳一枚分のスペースがあれば、他の方にご迷惑をお掛けすることなく出来ます。
 気の持ちようもあるのでしょうが、現在は肩こりと五十肩の痛みはなくなっていますし、テルネリンの服用、モーラステープの使用も止めています。低周波治療器のエレプラスは少しだけ稼働していますが、これも以前と比べると短時間のブルブルになっています。この機器も間もなく終了予定です。

期間限定のハッピーターン

 新潟県に本社がある亀田製菓で期間限定のハッピーターンが発売されています。JR阿佐ヶ谷駅南口のセブン-イレブンで買いましたが、店員さんにお聞きしたところ、かなり売れているそうです。亀田製菓といえば、この商品と柿の種がとても有名ですが、両方とも永遠の国民的お菓子と言っても良いでしょうね。
 面白いのは、スーパーマーケットで売っているの「100g焼きとうもろこし味」とコンビニでの「47gちょっと濃いめの焼きとうもろこし味」(写真)があるとPRされていることです。ふーむ、後ほど、同駅北口のイトーヨーカドー食品館に行ってみなければ(^∀^)
IMG_6278

田中区長のパーティー

西新宿にある京王プラザホテルで、杉並区長・田中良さんの政治資金パーティーが開催され、私も来賓としてお招きをいただきました。第一部では元岩手県知事・元総務大臣の増田寛也さん講演があり、短時間でしたがとても勉強になりました。二部は会場を移して懇親パーティーでしたが、例年と同じように大勢のお客様で大変盛況でした。なお、写真の紳士は自治労東京委員長の宮本知樹さんです。
IMG_6621IMG_6620

極めて特異な安倍政権の労働政策

 IMG_61837月に予定されている参議院選挙を前に、政府・自民党の「一億総活躍社会」を実現するためのプランが明らかになっています。私はこれらの内容を見て、不謹慎な言い方ですが、“困ったな”と感じています。
 そもそも、「官製春闘」などという言葉は使いたくありませんが、残念ながら3年目で国民や労働者の皆さんの間にも定着しつつあることも否定できません。今季の賃上げの数字が不満で、「正直、もう少し経営者には頑張ってもらいたかった。残念だ」と安倍総理は言っていました。これがポーズという人もいますが、私には悔しいかな本音のように聞こえます。もちろん、アベノミクスを成功させなければならないという一点での焦りの発言でしょうが、少なくても戦後の保守政治家のそれとはとても思えません。
 それから、冒頭の自民党中間提言や政府のプランも驚きの連続です。まず、大きな話題になっている「同一労働同一賃金」を本気で実現しようとしていることです。これについては、転勤や残業をどう捉えるかという課題もありますが、ちゃんとやろうとすれば、企業は給与体系を大幅に変更しなければなりません。歴代の自民党政権では、経営の側に立って、一貫して政策を進めてきたわけですから、これだけでも、極めて特異でしょう。「官製春闘」もそうですが、安倍政権は経営側が嫌なことを積極的に実現しようとしています。
 同じことは、「長時間労働の撲滅」にも言えます。労働基準監督署が立ち入り調査を行う目安である1カ月の残業時間100時間を80時間に引き下げ、その対象も拡大するものです。80時間を100時間に緩和するなら“理解”できますが(皮肉な表現ですみません)、これも驚きました。もちろん、これらの施策は大いに歓迎するものですが、だからこそ、私たちにとって正直、参議院議員選挙での戦いがやりにくくなるような気がします。与党は積極的にこれらを訴えてくるでしょう。
 しかも、ずる賢い竹中平蔵氏のように、“正社員の給料を下げれば、非正規社員との格差がなくなる”と言えば、厳しく反撃できるのですが、自民党の提言は、「正社員の賃金を下げずに非正規の賃金を上げる」となっています。どこまで本気か分かりませんが、国政選挙を前に十分に警戒しなければならないでしょう。
 それから、労働政策ではありませんが、4月号の雑誌「選択」に変な記事が掲載されています。見出しは、「安倍が密かに謀る労組『連合』分断~旧同盟系『切り崩し』で民進党に打撃」です。取るに足らないと相手にしなくても一向に構わない内容とは思いますが、このような記事が出ること自体、注意しなければと感じています。
(写真は連合の逢見直人事務局長で、UAゼンセン会長も兼務されています。僭越ながら、神津里季生会長とともにもっとも信頼させていただいている方で、ゼンセン同盟時代にはご一緒に仕事をさせてもらいました)

九州新幹線全線運転再開!

 九州新幹線が一日前倒しで今日から全線で運転を再開するそうです。新潟の地震のときは上越新幹線の全面復旧まで約2カ月かかりましたから、一概には比較できませんが、JR九州の意気込みを感じます。本当に良かったです。
 それで、九州新幹線が開業したのは、東日本大震災が発生した翌日でした。そのこともあり、放映されていたコマーシャルは途中で打ち切られましたが、その180秒の内容は素晴らしいとしか表現できません。私は元気が低下すると、このビデオを観て、「祝典行進曲」(天皇皇后両陛下の当時のご成婚を記念して團伊玖磨さんが作曲)を聴いて、回復するようにしています。
 このビデオはYouTubeで公開されていますが、次のサイトが比較的綺麗で見やすいと思います。また、ニコニコ動画にアクセス・ログインできる方はフルスクリーンでご覧いただけます。
https://www.youtube.com/watch?v=0sjVi0wSs50

 それから、CMの最後にナレーションが入るのですが、以下がその文言です。これだけでも、泣き虫カディーは涙が出でしまいます。(写真出典:JR九州)

あの日 手を振ってくれてありがとう
笑ってくれて ありがとう
ひとつになってくれて ありがとう
九州新幹線 全線開業します
ひとつになった九州に 新しい力が生まれています
ひとつになった九州から 日本は楽しくなるはずです
九州新幹線 皆さんと一緒に全線開業です
kyushushinkansencm

パチパチ2倍で31%OFF

サーティワンアイスクリームで一番の売れ筋・ポッピングシャワーのパチパチが2倍になり、ダブルが31%引き、しかも、売上げの一部を被災地に寄附するということで、阿佐谷パールセンターのお店で買ってきました。レモンシャーベットとの相性も最高です。でも、カロリーオーバー(≧∇≦)
IMG_6606

各位臺灣(中華民國)朋友

 在此獻上我誠摯的感謝。
 5年前在東日本大地震的時候,承蒙臺灣非常多的關照與照顧。對於此事所有日本人都將沒齒難忘。
 另外也覺得非常感謝有很多臺灣人來到日本觀光,感謝臺灣朋友們靜靜地巡迴在各個地方的觀光勝地。
 這次以熊本縣為中心發生的地震災害,臺灣也相當快地伸出援手。對於來自現任總統、下任準總統及各地方市長等支援,日本國民中蔓延著感謝。雖然目前災區依然仍是艱苦的情況,但相信來自台灣各位朋友鼓勵的聲音,一定能夠傳到災區民眾的心底。
 然後等稍微平靜下來後,也請再來熊本縣跟九州。九州被稱為「火之國」,擁有非常多豐富的自然資源以及溫泉,而住在那裏的人們都非常的溫暖且熱情。
 接下來由衷地期望臺灣(中華民國)與日本之間的交流能夠萬古長春,謝謝。
IMG_6316

ランチはメキシコ料理

今日のお昼ご飯は、事務所から徒歩10数秒のメキシコ料理のお店でいただきました。ボリームたっぷりのタコス2個(皮4枚)、スープ、コーヒー、ミニケーキで980円。タコスはやはり手づかみで食べるのが美味しいですね。次回はタコライスに挑戦します。
IMG_6597IMG_6599

選挙での共闘は慎重にしなければ

 ikemaki3衆議院北海道5区補欠選挙で民進党が推薦した池田まきさんは惜敗しました。かなり追い上げたのですが、私の経験からも“負けは負け”です。また、私の事務所から微力ですが、先日お伝えした通り、地元のNTT電話帳を取り寄せて電話作戦を行いました。そのこともありますので、残念で仕方ありません。
 それで、その電話作戦の反応ですが、一番多かったのは、「ハイ、ハイ、いろいろなところから電話がかかってくるよ」でした。また、「池田さんって感じの良い方ですね」とほめていただいたことも少なくありませんでした。ただ、次のように指摘されてことも同様に少なくありませんでした。「彼女は自衛隊員と家族に寄り添うと言っているけど、別の場所では共産党や反戦系市民団体が、“戦争法反対”って絶叫していた。これじゃーねー」との趣旨でした。
 また、高橋茂さんという方が現地でレポートをしています。両陣営の扱いは極めて公平・中立ですが、“驚きの街頭演説風景”との小見出しで次のように書かれています。
 「(前略)『戦争法廃止』の大きな看板を立てて、なんと童謡の替え歌をみんなで歌い始めたのだ。勝手にアコーディオンを弾き出すお爺さんもいる。典型的な『悪い市民運動』型の選挙になっているのではないか。いきなり拍子抜けしてしまった。さらに、通行人が何人も通っているのに、誰も見向きもせず、アピールに夢中になっている。HBC(北海道放送)の岩下恵子記者が現地レポートを撮っていたが、どう伝えるか苦心したのではないか」。これを見て彼は“唖然”としたそうです。いわゆる“ドン引き”状態ですね。
 いずれにしても、これから選挙結果を分析するのでしょうが、これからの野党共闘などのあり方に大きな課題を残したことは間違いありません。有権者の皆さんは大きな声で自分の考えを述べることはありませんが、しっかりと政党の本質や選挙での組み合わせを見ています。ここを軽んじると、大きい声の人たちに引きずられて取り返しのつかないことになってしまいます。さらに、1議席の補欠選挙といっても政権選択の衆議院議員選挙であることに変わりはありません。しかし、出来る限り、政党(名)を隠してやる選挙って何なんでしょう。私は当初から強い違和感を持っていました。
 最後に少し気になる話しがあります。最近、毎週スクープを掲載しているあの週刊誌を始め、複数の雑誌系記者が池田さんのプライベートをかなり調べているとのことです。もちろん、彼女に何ら問題はないと信じていますが、演説の中で今までの私生活を含めて有権者に伝えていることも事実です。それらを踏まえて根拠ない記事は謹んでもらいたいと思います。

兄弟は似ているかな

自分の子供が小さいころ、三人の男の兄弟が似ていたのかはよく覚えていません。だからというわけではありませんが、いつも、2歳半と2カ月少しの孫を比べて見ています。似ているような、そうでないような、二人のお父さんや妻も同じように言っていますが(^∀^)
IMG_6589IMG_6573

小池晃さんってユニークですね

 koikeakirasensei今日が投票日の衆院北海道5区補欠選挙の応援演説で、日本共産党書記局長の小池晃さんが面白いことを言っています。多分、体調不良の山下芳生さんに代わってこの役職に着いたので、嬉しくて仕方なかったのかも知れません。正直な方なのでしょう。
 で、その発言ですが、先の答弁書の閣議決定に関して、「共産党は一度も暴力革命という方針を決めたことはない」ではなく(もっとも、これも“真っ赤な赤旗”ではなく、“真っ赤なウソ”ですが)、「だいたい、志位(和夫)委員長とか、私の顔を見てほしい。暴力革命の党に見えますか? 極めて平和的な人間だ」との部分です(ただし、何故か赤旗にはこの記載がありません)。
 仮にも「科学的社会主義」を党是とする日本共産党の最高幹部がこんなことを言ってはいけません。人を顔で判断してはいけないと小学校の先生に私は教えられました。ただ、小池さんの顔だけ見ていると、暴力革命をしないというより、暴力革命を成し遂げる覚悟と戦略がないことは間違いないでしょう。
 でも、日共の皆さんが今でも精神的・理論的支柱として尊敬されている宮本顕治さんのお顔はどうでしょうか。失礼ながら、過去のどの写真を見ても、少なくても平和的人間には見えませんね。どっちが本物の共産主義者なんでしょうか。
 だから、繰り返しますが、顔で人を評価してはいけません。余談ですが、昨年8月末に六代目山口組から離脱した神戸山口組のナンバー2で副組長の入江禎さんという親分がいます。彼は二代目宅見組組長でもありますが、その道の評判では彼が移籍したからこそ、神戸の勢力が維持・拡大できているとも言われていますし、戦闘力、資金力ともに四代目山健組と並んで抜きん出た組織です。
 「宅見組 入江禎」で画像検索してみてください。どう見ても、彼は任侠道の世界の人ではありません。一流商社か銀行の取締役といったところでしょうか。三度目ですが、小池書記局長さん、僭越ですが、お顔で物事を決めてはいけませんよ(≧∀≦)
 それと、外野の私が申し訳ありませんが、18日に逝去された元書記局長・副委員長の金子満広さんですが、もう少し現役時代の功績をたたえても良いんじゃないですか。国鉄労働者(国労)出身のたたき上げで、お人柄も魅力的な方でした。次男の党批判とご本人とは関係ないでしょうヽ(゚Д゚)ノ 合掌。
(写真出典:ウィキメディア・コモンズ)

禁断の食堂に再び

JR阿佐ヶ谷駅北口にある「男の晩ごはん」に再び行ってしまいました。前回の反省が生かされていないばかりか、さらにカロリーの高い、このお店の売れ筋ナンバー1“スタミナ野郎丼にんにくミックス”を注文しました。「すいません、ご飯は少なめにお願いします」と言ったのですが、それでも、半分ほど残してしまいました。それから、にんにくのボリュームですが、特に眠らずに頑張る必要はなかったので、「元気100倍」レベルにしておきましたが、“無敵”をお願いしていたら、私の身体はどうなっていたのでしょうか。この日は採血のため朝食は抜きでしたが、結局、夕食を食べる気力もなく、一日一食となり、食費は850円でした。ただ、カロリーは一日分摂ったと思います(≧∀≦)
IMG_6209IMG_6205IMG_6203IMG_6210

私が禁酒を始めた理由

 kinshusonogo201604禁酒宣言をして10日間が過ぎました。かかりつけ医にも報告しましたが、「是非、続けてみましょう」となり、当面は1カ月を単位として継続します。
 さて、ブログなどを見てくれた友人が、「どうして、お酒やめたの」、「ドクターストップ?」、「(飲み会に)誘えなくなるね」、「生ビールの美味しい季節になったら(居酒屋に)行きましょう」などなど、心配してもらいとてもありがたいです。
 それで、理由ですが、肝臓が悪くなったわけではありません。定期的な血液検査でも“γ(ガンマ)-GTP”の値も極めて良好です。その他の数字も特に問題ありません。また、同じく友人が、「門脇はイスラムに興味があるようだけど、禁酒はムスリムになる準備なの?」と真剣に尋ねてくれます。確かに私はイスラムのことを少し勉強していますが、仏教徒からイスラムに改宗する予定はありません。
 「では、なんで?」となりますが、特に理由はないのです。禁煙のときは健康そのものに関わることもありましたが、今回はそうではありません。あえて言えば、「長い間、お酒を飲み続けてきたけど、禁酒生活を継続すると、自分の身体がどうなるのかな」というところです。
 ただ、皆さんからは直接、間接に「付き合いが悪くなる」と適切なご指摘をいただいていますが、そんなことはありません。幸いにして昔とは比べ物にならないほど美味しいノンアルコールビール(写真)もあります。どうぞ、今まで通り声をお掛けください。でも、宴席でこればっかり飲んでいられないとも思うのですが。どうしましょう(≧∇≦)

今朝の駅頭は西荻窪駅

nishiogikita20160421タイトルの通り、今日の朝の駅頭活動はJR西荻窪駅北口で行いました。数名の支援者の皆さんにも挨拶ができて良かったのですが、ほんの数分、公明党衆議院議員で中央幹事会会長の漆原良夫先生にお会いしました。杉並区内にお住まいとのことで、いささか古い話題ですが、“社公民路線”時代の話になりました。ちなみに、社は旧・社会党、公は公明党、民は民社党です。そんな時代もありましたね(≧∀≦)

大盛況の蓮舫さん決起集会

 千代田区永田町にある民進党本部5階の大会議室で、7月に予定されている参議院議員選挙に向けて決起集会が開催されました。選対本部長の野田佳彦前総理、都連幹事長の長島昭久衆議院議員、連合東京の岡田啓会長が次々に激励の挨拶をされ、ご本人から力強い決意表明がありました。広い会議室は所属議員の皆さんの熱気があふれ、青柳雅之台東区議のガンバローコールで最高潮に達しました。なお、不肖、門脇は選対の副事務局長として、杉並区とご支援をいただく団体の一部を担当することになりました。頑張ってまいります。
 それから、事務所に戻ろうと丸ノ内線国会議事堂前駅のホームで電車を待っていると、長島代議士が向こうから手を振って来られました。そして、新宿駅までの僅かの時間でしたが、二人でとても有意義なお話しをすることができ、少し大袈裟かも知れませんが、自分の思想信条、主義主張を貫いていくことに自信が持てた貴重な12分間でした。
IMG_6497 IMG_6500IMG_6503IMG_6517

ふんわりして素敵な八重桜

お花見の季節は終わりましたが、八重桜はまだまだ元気です。お馴染みの都立善福寺緑地(公園)に咲いている八重桜たちです。徒歩数分でこんなに素敵なお花を何種類も見ることができる幸せを感じています。一番下は今日の朝に撮った“関山”です。
IMG_6198IMG_6200IMG_6202IMG_6237

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_6291

駅頭活動でのコラボ

 IMG_6277“コラボ”とう言葉が適切かどうか分かりませんが、写真はJR高円寺駅北口です。地元の皆さんはご存知の通り、北口を利用される通勤客(学生さんも)のほぼ7~8割は中野区に住まいされています。昨日の朝も中野区大和町に住んでいる組合の友人にお会いしました。
 それで、私のお隣は民進党代表代行の長妻昭代議士ですが、彼の選挙区は中野区と渋谷区の東京7区です。私が所属する東京8(杉並)区のメンバーと一緒に活動を行いました。前回の衆議院選挙では東京にある25小選挙区の中でただお一人、比例復活ではなく勝ち上がってこられました。駅前でも多くの方々に挨拶をされていました。
 また、この高円寺駅北口以外では、井の頭線三鷹台駅で中村ひろし都議とコラボしたことがあります。ここは北口が杉並区、南口が三鷹市になります。何となく連帯感が醸しだされ良い感じです。

ポッピングシャワーチョコ

31アイスクリームはどれでも美味しいですね。最近は食べていませんが、お店の前を通るとついつい入ってみたくなります。それで、阿佐ヶ谷駅のコンビニで写真のチョコレートを売っていました。あの“ポッピングシャワー”が再現されていて、けっこう楽しめました。パチパチ(^∀^)
IMG_6231

北海道5区の電話作戦

 衆議院北海道5区補欠選挙は次の日曜日が投開票になります。一部ではわが党の推薦候補の池田まきさんは自民党に“一歩リード”という報道もあるようですが、現実はそんなに甘いものではないと思います。自分自身の大反省からも、世論調査は当てになりませんし、与党が巧みに“調整”をしている可能性もあります。
 それで、東京から何ができるのかを考えました。もちろん、現地に負担を掛けることは許されません。そこで、NTTから5区内の個人名が載っている電話帳を取り寄せ(到着済み)、事務所から支援依頼の電話を掛けることにしました。お願いするのは、「東京の杉並からお電話をさせていただいています。前都議会議員、民進党の門脇文良と申します。今回の選挙では・・・(後略)」というシンプルな内容です。
 掲載されているすべての皆さんに電話することは出来ませんが、可能なかぎりの時間を使って、極めて微力ですが、投票日まで奮闘努力してまいります。
IMG_6188xIMG_5418x

平安を祈るばかりです

 jishinchizu地図は東大の売店で求めたものですが、視覚的にもわが国の地震活動が分かります。ただ、細かく見てみると、北海道、中国、四国、九州は赤い発生被害地域が少なく、熊本県はまったくありません。地元の皆さんの驚きと恐怖は如何ばかりかと推察申し上げます。
 今は、行方不明などの方々が一刻も救出され、これ以上の被害が拡がらないよう、願うばかりです。私は何も出来ませんが、日本財団を通じて僅かばかりの寄付を送らせていただきました。
 そして、自衛隊、警察、消防(団)、自治体職員、DMAT、関係団体の皆さん、本当にありがとうございます。自分は被災地の平安をただただ祈ります。

李愛珠さんと久しぶりに

 IMG_6177日本と台湾(中華民国)、東京と台北に滞在する比率がほぼ半々の李愛珠さんと久しぶりに有楽町電気ビル20階にある外国人特派員協会内バーでお会いしました。今日まで台湾はもちろん、大陸中国も含めて数多くの人間関係を作り、継続させていただいているのは彼女の協力がとても大きく、いつも感謝しています。そして、かつては都議会民主党日台友好議員連盟の訪台団にもご一緒いただき、同僚議員からも“李おば様”と親しまれていました。
 今回の話題の中心はやはり、5月に発足する蔡英文政権のことでしたが、それから派生して、台湾、日本、中国など、幅広い内容となり、気が付けば2時間近くお話をしていました。また、ご出身が台南ですので、私が訪問した市立永福小学校もよくご存知で、友好流を進めるにあたり、的確なアドバイをもらいました。
 それから、私は別件で途中離席しましたが、「来年夏の都議会選挙は油断(マンダリンで“大意”)しないで、絶対に勝って!」と激励していただき、今度はあまり時間を置かないで再会することをお約束しました。

カップヌードル贅沢シリーズ

自分の身体の約10%はカップヌードルでできてるので、新商品が発売されれば食べなければなりません。日清食品の「リッチ贅沢とろみフカヒレスープ味」「リッチ贅沢だしスッポンスープ味」を購入して食しました。どちらも美味しいですが、定番への格上げはないと思います。ただ、コラーゲン1000㎎は魅力的ですね。お値段はセブン-イレブンで希望価格通りの230円(税別)でした。
IMG_6192

田中良区長と懇談

 IMG_6194熊本で大規模な地震が発生しました。被害に遭われた皆さんに心よりお見舞いを申し上げます。また、大きな余震も続いていますので、くれぐれもお気を付けください。そして、5月に台湾(中華民国)総統(大統領)に就任される蔡英文民進党主席からいち早くメッセージをいただいていることを紹介します。
 杉並区長の田中良さんと諸課題、諸問題について1時間少し懇談しました。組織のあり方や運営のポイント、2020五輪・パラリンピック、労働政策としての育休推進、保育園などでしたが、特に保育園のことについては単なる待機児童対策だけではなく、来年に向けて相当な決意と覚悟、万全の庁内体制、議会提出の補正予算などで取り組みを進めることが分かりました。詳細については割愛しますが、全国的にも良い意味で突出した施策になるでしょし、同様にかなり注目されるでしょう。大いに期待するところですね。なお、今後も相互に連絡を継続することになりました。

事務所での陳情と学習

 確かに現在は都議会浪人中ということもあり、現役のときよりもその件数は減りましたが、事務所で陳情をお受けすることは少なくありません。このようなとき、厳しい経済環境ですが、事務所運営を継続していて良かったと思います。
 写真は昨日撮りましたが、再生可能エネルギーについてご相談を受けている場面です。そして、多角的に事業を経営している方でしたので、障害者(知的・精神)や高齢者のグループホームについて、これらは私が学ばさせてもらいました。日々、ご相談をお受けしたり、勉強させていただいたりと、充実した時間を過ごしています。
IMG_6167

悪魔のささやき~消費税5%

 abesan2「アベノミクスの温かい風を全国津々浦々に広げていく」って、表現は適切ではありませんが、「どの口が言ってるんだ」という感じです。アベノミクスなるものは破綻が明らかになっていることは疑う余地がありません。ただ、野党だからといって、その事実を喜んでいるわけにもいきません。その負の影響を受けるのは国民の皆さんですから当然ですね。
 さて、参院選と同時に衆院選が行われるかが、当面の政局の焦点になっているようです。私は国政のことは分かりませんが、今月24日の北海道5区の補欠選挙の結果が大きく影響するのは間違いないと思います。
 それで、来年の4月に予定されている消費税10%ですが、これも重大な政局になっています。安倍首相は、「リーマンショックあるいは大震災のような事態が発生しない限り、来年、予定どおり引き上げていく考えには変わりはございません」と言っていますが、同時に「(アップすることで)経済が失速しては元も子もなくなることは避けなければならない」とも言っています。ちゃんと、防波堤を用意しているわけです。ついでに、ノーベル経済学賞のアメリカの先生を二人呼んで、予定調和みたいなことをやっています。
 そこで、わが党の国政選挙に向けての大切な政策ですが、悪魔が、「だったらこの際、10%にではなく、8%現状維持でもなく、大胆に値下げして5%にしたらどうだ」とささやく声が聞こえてきます。社会保障費はどうなるんでだという、極めてまっとうな考えもよく理解できますが、残念ながら、上述の安倍さんの「元も子もなくなる」は事実でしょう。
 悪口を言うのは簡単ですが、賃上げを強力に財界・経営者に求めたり、正規・非正規の同一労働・同一賃金を(多分)本気でやろうとしている安倍政権を丸ごと批判することは難しくなっているようにも思います。労働者がこのような政策をどう見て、どう判断して、夏の参議院議員選挙で投票するのかが心配で仕方ありません。政治に大向う受けを狙うことは禁じ手でしょうが、悪魔のささやきにちょっぴり魅力を感じてしまいます。もちろん、軽減税率なしの5%復活です。

禁酒宣言します

 いきなり写真とタイトルが矛盾して申し訳ありません。最後の晩餐ではありませんが、1カ月の禁酒生活に入ることにしました。これから、皆さんには見守っていただければ幸いです。もちろん、その経過が順調なら継続しようと思っています。
 サラリーマンの居酒屋会話で、「止めるんだったら、タバコかな、お酒かな」がありますが、かつて私は即座に、「お酒」と答えていました。その私が禁煙を始めてから5年以上になりました。完璧な自信ではありませんが、これからもタバコを手に取ることはないでしょう。
 ですから、禁酒はそのとき、その場所、その席に一緒にいる方々のことを想像すると困難なこともあるでしょうが、貫徹する覚悟はできています。初めは「減酒」しようと思いましたが、いろいろ考えてみると、こちらのほうが難しいという結論に至りました。と言うことで、乾杯!
IMG_6148IMG_6131x

初診料+5400円也~医師は同じ資格で働いている

 tokyoikasikau2016この4月から診療報酬が改定されました。2年に一度、医療や薬剤にかかわる基本料金で、1点10円であることは知られています。いくつかの大切な変更点がありますが、患者さんにとってはやはり、初診のとき、診療所やクリニック(一般的には開業医)からの紹介状(診療情報提供書)がない場合、それなりに高額の選定療養費保険外併用療養費、非紹介者患者初診加算金などの名称も同じ)が必要になることでしょう。
 この制度は新しく始まったものではありませんが、今回から厚労省の強い方針と健康保険法改正に基づいて実施されます。それで、それが必要な病院ですが、200床以上ですから、大学附属病院や地域の総合病院、国立都立病院など、大きな医療機関ということになります。
ただ、厚労省の指導では5000円(税込5400円)以上となっているようですが、なぜか、多くの大病院では5000円で統一されています。もちろん、より高い金額のところもあり、杉並区も中野区、新宿区とともに分類されている“(23)区西部医療圏”の中では、東京女子医大病院が8640円(税込)となっています、お隣の医療圏では武蔵野日赤が同金額です。
 一方、都立や公社病院ではお安く1300円ほどの金額になりますし、私が財団の顧問を務めている河北総合病院(税込、分院・クリニックを除く)や一部の地方の国立大学附属病院などは3240円です。なお、慶應病院は具体的な金額の表示すらありません。徹底して紹介状のない患者さんには来院してもらいたくないということでしょう(個人的には十分に理解できることですが)。
 ただ、これにはきちんとした理由があり、以前から指摘されている大規模病院での患者さんの長時間待ちと短時間診療を避けるためですし、これは患者さんだけではなく、病院や勤務医にとってももの凄い負担になっています。それを少しでも是正するためには仕方ない制度改正ですね。合わせて申し上げれば、お住いの地域での「かかりつけ医」の役割がとても重要になっています(かかりつけ薬剤師も)。また、病状が安定し、外来担当医が他の中小病院や診療所を逆紹介したとき、患者さんがそれを拒否すると、外来受診の度に再診料(税込で2700円が多いようです)が必要になりますので、くれぐれもご注意ください。
 もちろん、患者さんにとっての“大きな病院に掛かる安心感”も分かるのですが、そのベッド数や卒業大学とは関係なく、医科大学、大学医学部で6年間学んで国家試験に合格して医師として認められるわけですから、基本的な能力に差はありません。河北博文理事長はいつも言っています。「医師の能力は国が試験で保証している。大切なことは人としての協調性、明るく元気に職場で働けるかだ」。ですから、医療従事者でない私は初期臨床研修医師面接試験のとき、そのことを頭の中において質問と評価をしています。
 また、群馬大学や女子医大などの大きな不祥事は論外ですが、どんなに医療の質が高まっても、運が良いとか悪いとかは医療の世界も例外ではありません。少し乱暴な言い方になりましたが、そのことを理解して、患者さんも勤務医やナースなどに接していただけると嬉しいです。最後に余談ですが、河北の初期臨床研修医に応募した11名は全員が国試に合格しました。良かった!
(写真は東京医科歯科大学ですが、お隣の順天堂と合わせてギニア高地のようです 出典:ウィキメディア・コモンズ)

430周年って凄いです

写真は荻窪三丁目に建設中の特別老人ホームですが、施工業者の松井建設さんの「おかげさまで430週年」を見て驚きました。「社寺の松井」と呼ばれているそうですが、この会社は天正14(1586)年に創業されたことになります。関ヶ原の戦いの14年前です。わが国でも、調味料、お菓子、お酒などは老舗が目白押しですが、建設業でこれだけの歴史があることは、それだけでも素晴らしいと思います。と言っていたら、もっと凄い会社ありました。松井建設のように上場はしていませんが、その名も「金剛組」。こちらも社寺に実績がある施工会社ですが、創業は578年で、今でも100人以上の宮大工さんがいるそうです。上には上がいますね。チューリップがとても綺麗でしたので載せておきます。
IMG_6143IMG_6133

山吹(ヤマブキ)も素敵です

今年のサクラはなかなか優等生で、一昨日の風雨にもかかわらず、今日と明日もお花見ができそうです。お馴染みの都立善福寺緑地(公園)ですが、ヤマブキも綺麗に咲いています。「七重八重 花は咲けども 山吹の実の一つだに なきぞ悲しき」。今から太田道灌みたいに和歌を習っても遅いですね(≧∇≦)
IMG_6088IMG_6120