ソウルフードこそ台湾食の最高峰

 もちろん、ホテルでの晩餐会やレストランでの楽しい食事も台湾ではほぼ”ハズレ”がありません。曰く、「台湾の食べ物はすごく美味しいものと美味しいものしかない」で、私の創作言葉です。プラス、街中でいただいたり、持ち帰って食べるいわゆるソウルフードも最高です。場合によってはこちらのほうがより旨かったりします。
左上:地下鉄雙連駅すぐ近くの大衆食堂みたいなところで午前5時に食べました。最近は日本語メニューのあるお店が増えましたが、漢字圏は筆談もけっこう通じます。
右上:烏山頭ダム入り口の隆田駅前のお弁当屋さんです。かなり田舎ですが、5個、10個とお客さんが取りに来ます。「ここで食べてもいいですか」と聞いたら、急いで作業スペースを開けてくれ、ランチプレートにしてくれました。
左下:宿泊ホテルの近くで見つけましたが、行列ができていて人気店のようです。箱を持って左から右に移動し、50種類くらいある惣菜を指差すと、元気の良いおばさまが入れてくれ、最後に精算します。お店でも食べられますが、スーパーで大好きな台湾⑱ビールを購入して部屋でいただきました。
右下:台湾鉄道(台鐵)専売弁当で、コンビニでも同じようなものを売っていますが、こちらがより美味しいと思います。台湾駅で販売していますが、時間により種類が異なります。雙連朝市でスイカカットを求めてデザートにしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です