消費税5%で電撃解散総選挙へ!

 安倍晋三首相は本日、内閣改造及び自民党役員人事を実施したあと、できる限り早い時期に衆議院解散・総選挙を行うことを決断した。複数の政府関係者が明かしたもので、すでに具体的な選挙日程も検討している模様だ。
 今回の選挙で国民に問うのは消費税の引き下げで、現行の8%を5%に引き下げるというもの。前回は10%に引き上げる時期を延ばすことが焦点になったが、有権者がどのような判断を下すのかが注目される。
 当初は公共事業の大幅な拡大など財政出動も視野に入れていたが、国民が抱くイメージは好ましくなく、究極の減税施策となる消費税の税率引き下げを選択したものと思われる。ただ、冷え込んでいる個人消費がどこまで回復するかは未知数でもあり、安倍首相にとっても文字どおり、正念場になることは間違いないだろう。
 また、財務省の猛反発も予想されるが、麻生財務大臣とはこの間、水面下で調整を続けており、官僚の反対も最終的には押し切る見通しと言われている。連立与党を組む公明党の山口代表からはすでに賛意を得ているという。合わせて、財政再建のいくつかの施策も提示して選挙を戦うようだ。
 一方、野党の出方だが、民進党は今までの主張と異なることになるが、国民の関心が景気浮揚や経済の活性化にあることを考えれば、正面から反対できないだろうとの見方が強い。ほかの野党についても同様で、「先に言った者勝ち」との思惑もあるようだ。
 なお、福祉などの社会保障財源が税率引き下げによって大きな影響を受けることについても、「消費税の引き下げで必ず景気は上向き、内需は拡大して個人や企業からの税収アップが期待でき、その財源で社会保障を充実することは十分に可能」との説明を丁寧にしていくという。
 それから、首相の念願である憲法改正は今回の選挙では封印する予定だ。消費税5%というシングルイシューで臨む選挙戦は過去の郵政民営化に似ているとも言えるが、いずれにしても、安倍首相にとっては内閣支持率は著しく低下している現状で、政治生命を賭けた総選挙になりそうだ。国民の賢明な選択を期待したい。
(真夏の夜の夢新聞社政治部次長:平教盛)

消費税5%で電撃解散総選挙へ!” への1件のコメント

  1. 真夏の夜の夢新聞社の政治部次長: 平敦盛氏の記事、有り得るかもと面白く読みました。さてどうしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です