河北総合病院の病診連携・懇親会

 今年もJR高円寺駅北口にある“座・高円寺”で、河北総合病院 病診連携・懇親会が開催されました。病診連携とは文字どおり、規模が比較的大きい病院と開業医(診療所やクリニック)さんとの関係強化のことです。
 開業医の先生から病院に患者さんを紹介することが多いのですが、逆のケースも少なくありません。私はこれらのことを話し合う“地域医療支援病院運営協議会”の委員も務めさせていただいています。このこともあり、私のお隣にお座りの方は杉並区医師会会長の甲田潔さんです。
 当日は総合病院を統括している社会医療法人・河北医療財団理事長の河北博文さんから冒頭講演があり、彼からは欧州と米国の医療制度や政策のことなどが独特の視点から語られ、とても勉強になりました。
 続いて2階に会場を移して懇親会が行われました。地元の先生方とも懇親できましたが、病院と関連の健診センター(人間ドックなど)に勤務する二人の女性医師との会話も有意義でした。特に乳がん発見に有効であるマンモグラフィ検査と比較してより高い精度が期待できるMRIのことを教えてもらったのは良かったです。
 それから、近くのうどん屋さんで理事長や若手医師たちとの二次会となりました。専門的な単語が飛び交い、美味しい日本酒で少し酔いが回っていましたが、とても楽しい時間でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です