おめでとう!王滬寧さん

 中国共産党の第19回大会が終了しました。204名の中央委員、172名の同候補も選出され、今日のお昼すぎには、中央政治局員と常務委員が第1回中央委員会総会で選ばれて発表されます。
 それで、7名の常務委員に誰が入るのか注目されていましたし、私も何回が予想をお伝えしてきました。結果は、「重慶市書記の陳敏爾さんはないだろう。最後の一人は中央組織部長の趙楽際さんではないか」との最終予想は的中しましたが、意外なところをミスしてしまいました。
 それは、陳敏爾さん一緒に共青団のエースで広東省書記の胡春華さんが外れてしまったことです。つまり、競馬予想ではありませんが、6勝1敗で、晴れて常務委員に昇格したのは、党中央政策研究室主任の王滬寧さんでした。
 推測ですが、胡春華さんと陳敏爾さんの“1回お休み”は両派(習近平さん&共青団)の妥協の産物だったと思いますし、習近平さんの見事なくらいの後継者潰しでもあったのでしょう。こうなると、独裁色を一段と強めている習近平さんの5年後の3選も現実味を帯びてきました。もしかしたら“終身”もまったくないとは言い切れませんね。
 いずれにしても、報道のとおり、政治局メンバーも習おじさんが好きな人たちが多数派を占めることは間違いないでしょうし、あとは常務委員の業務分担、とりわけ、中央規律検査委員会書記にどなたが就任するのかも焦点になります。
 なお、王滬寧さんは良く存じ上げないのですが、もともと大学教授ですし、習近平さんの政策(特に意味不明の“中国夢”“中華民族の偉大なる復興”)も彼が考えたようです。昇進お祝いで党大会会場にご本人の写真を貼っておきました。いかにも、学者肌の方のように感じます。
 最後に無事に引退される王岐山さん、本当にお疲れ様でした。これで暗殺の心配がほぼなくなり、静かな余生をお過ごしください。中国共産党に入党するのは一人残らず出世と私腹を肥やすためですから、それを摘発するのはさぞかしご苦労が多かったと推察いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です