西武球場前&西武遊園地&西武園

 公営ギャンブルですから、スポーツの範疇かどうか迷うところですが、競輪の選手数は全国で2600人以上で、プロ野球やJリーグよりも多いそうです。しかも、かつては4千人を超えていたというのですから、逆に言えば、それだけ、競輪が衰退しているのでしょう。
 実際、訪れた埼玉県所沢市にある西武園競輪場の入場者はまばらで、通常は1500人程度、記念レースでも3千人くらいだそうです。お客様はかなり高齢化していて、競馬はもちろん、以前に行った競艇と比べても圧倒的に“男社会”で、場内に喫煙場所がやたらに多いのが印象的でした。
 そして、主催者の方といろいろとお話できたのは良かったです。前述の数字などはすべて教えてもらいましたし、そのほかにも、審判や係員などはほかの競輪場にもお互いに応援に行っていること、S級S班(全国で9名しかいない!)の平原康多さんというもの凄い選手が埼玉県出身であること、スピートくじとか売り上げ貢献に様々なサービスをしていること、厳しい運営状況なので選手の賞金を減らしていること、開催中の選手は携帯が使えないこと、オールナイト競輪という無観客試合みたいなレースがあることなど、とても参考になりました。
 ただ、考えてみると、男(ガールズケイリンもあります!)の真剣勝負が100円(西武園の場合の入場料)で10レース以上も観れるわけですから、お得なようにも思えます。もっとも、私のように賭けないお客はあまりいないと思います。余談ですが、わたしは宝くじやパチンコを含めて博打はやりません。
 なお、長年の疑問だった、西武園駅、西武球場前駅、西武遊園地駅の位置関係がだいたい理解できたことも収穫の一つでした。狭山湖と背後の山々の景色は素晴らしく、初めて乗った山口線(レオライナー)は可愛く、西武球場前駅は6番線まであり感動し、ドーム前は人っ子一人いなくて爽快で、天候にも恵まれて素敵な時間でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です