謹賀新年~医療政策の充実を

 新年、おめでとうございます。今年も皆さんのご指導をよろしくお願い申し上げます。写真は杉並区阿佐ヶ谷にある河北総合病院本館玄関前で、社会医療法人・河北医療財団理事長の河北博文さんと一緒に撮ったものを合成したものです。
 私はこの財団の顧問を務めさせていただいていますが、病院の建て替えや阿佐ヶ谷地域の大規模再開発が予定されていて、微力ですが理事長を補佐し、少しでも東京と杉並の医療政策が充実、発展するよう奮闘努力する決意です。
 これらのことは考えてみれば、30年の長い間、杉並区議会議員と東京都議会議員として働かせていただき、その議員活動の中心をして医療政策を進め、現在では役割は異なりますが、それを継続させていただいていることは、とてもありがたいと思います。
 それから、今年の6月末には杉並区長選挙(区議会補欠選挙も)が行われます。杉並区の人口も67万人を超え、いわばその大都市の大統領を決める4年に1回の大切な選挙です。国政選挙はありませんが、来年には統一地方選挙と参議院選挙があります。どの選挙も慎重に取り組んでいかなければと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です