大好きな石田ゆり子さん

大好きな石田ゆり子さんの著書「Lilyー日々のカケラー」が発行になりましたが、予約をしておいたので、発売日に自宅に届きました。価格は1944円ですから、そんなに安くはないのですが、素敵な写真と優しいエッセイが満載です。

また、彼女が飼っているワンちゃんや猫ちゃんのシールが挟み込んであったり、料理のレシピが書いてあったり、103項目のQ&Aが載っていたりと、とても配慮された遊び心もいっぱいあります。

それから、CMやテレビ出演でも絶好調のようですし、特にKIRINの缶コーヒーCMはいいですね。パーシー・スレッジさんの“When A Man Loves A Woman”が流れ、彼女が「ありがとう、お疲れさま」と語りかけるシーンは秀逸です。

さらに、この商品のホームページには特別動画「毎週火曜日はFIREの日」があり、すべて6秒ですが、数多くのバージョンで彼女があなたに語りかけてくれます。このシリーズはいつまで続くのか分かりませんが、間違いなく、この缶コーヒーの飲みたくなります。

そして、私はテレビドラマ「BG~身辺警護人~」を毎週録画して、彼女が立原愛子という厚生労働大臣役で登場する場面だけを早送りしてみています。かなりずるいやり方ですし、木村拓哉さんのファンには申し訳ないのですが、最終回まで続けます。


それにしても、世の中は少し不公平ではないでしょうか。石田ゆり子さんの年齢と性格、美しさ、可愛さなどとこの世の中の平均値を比べたときの感想です。そんなことはあまり言わないほうが良いのでしょうが、率直にそんなふうに感じることがあります。


なお、著書のあとがきの最後には次のように書かれていました。「わたしの毎日も、皆さんの毎日も、続いてゆきます。どうぞ健やかに、たのしく、笑顔で。優しい日々でありますように。」 ありがとうございます。そのように生きていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です