核は絶対に放棄しないからな!

右「よっ!1カ月ぶりだな。しかし、爺ちゃんや父ちゃんの18番だった“瀬戸際外交”とやらを、まさか、トランプが使ってくるとは、さすがの俺でもビビったよ。お前もヤツに顔を潰されて散々だったな」
左「委員長様にそのようなお言葉をお掛けいただき、痛み入ります。今日、こうして再びお会いでき、南朝鮮人民を代表して、心よりお礼を申し上げます」

右「ところでよ、俺の思いを忖度して、崔善姫が余計なこと言いやがって、一段落ついたら粛清だな。ついでに、金桂官も強制収容所に送ってやるか」
左「それもこれも、委員長様のお好きなようにされてください。おっしゃるとおり、ペンスの“愚鈍の間抜け”は確かに言い過ぎだったと思います。一応、米人民の選挙で選ればれていますから」

右「まあ、そんなところだ。ところで、明日の記者会見はさっき渡したシナリオどおりにやれよな。お前の顔も少しは立つようにしてあるからよ。記者の質問にははっきり答えないことが大切だぞ」
左「もちろんでございます。けっして言質を取られないように注意しますし、どっかの会社の総務部長のような笑顔も最近は評判が良くないので、緊張感を持って臨みますのでご安心ください」

右「よし、それでいい。それにしてもよ~、俺が超嫌いな中国のプーと会ったのは、後見役をお願いしに行ったと言われているだけど、マスコミやしたり顔の評論家はホントバカだよな」
左「なるほどですね。でも、アメリカの体制保証なんてまったく当てになりませんから、委員長様の行動は至極真っ当なものでした。もちろん、いざというときの“亡命”の段取りなんて口が裂けても言えませんからね」

右「オイ!声が少し大きいぞ。喜び組は連れてちゃいけないと言われるし、まさか、かみさんと妹だけだったら、俺の生活は地獄だよ。何とかならないか!俺のためなら何でもやると言ってたよな」
左「そのとおりでございます。できるだけ、時間稼ぎをさせていただきますが、私はトランプにも習近平にも信用されていませんので、あまり、お役に立てないかもしれません」

右「それもそうだな。ここはひとつ、禁じ手だが思い切って安倍にちょっと相談してみるか。俺だって、本当は日本が好きなんだよ。ちっちゃいときはディズニーランドによく行ってたし、おふくろが生まれ育った大阪にも行ってみたいしな。鶴橋の焼き肉は旨いそうじゃないか」
左「安倍ですか?あいつは嫌なヤツですよ。慰安婦のことでも一切妥協しませんし。それと委員長様、お母様の出自はあまりお話されないほうが良いと思います。“白頭山の血統”が壊れちゃいますから」

右「まあな、もともとそれは作り話だけど、一応、忠告として聞いておくよ。ただ、来月の12日まで憂鬱でしょうがないよ。大統領選挙でクリントンがが勝ってたらこんなことにはならなかったのにな」
左「それは安倍も同様でございます。ところで、日本のマスコミや政党、労組に忍び込ませてある委員長様の熱烈な親衛隊の動きはその後、いかがでしょうか?」

右「あいつらも最近は少し動きが鈍くて、昔と違ってあんまり金も送ってこなしな。しかも、ネットで過去の言動も次々と暴かれちゃうし、あんばい悪いよ。ちょっと発破かけておくか」
左「ご心痛、お察しいたします。どちらにしても、時間稼ぎがもっとも大切ですから、私も委員長様のために粉骨砕身、パシリとして働いてまいります!わが祖国の赤化統一に向けて!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です