JR東京近郊路線図レジャーシート

 その昔は「国電」と呼ばれ、今でも公式には「E電」(山手線や京浜東北線など)という名前のJRの電車のドア上にある東京近郊の路線図が以前から欲しくて仕方ありませんでした。それで先日、新宿紀伊國屋さんの店頭でそれを販売していて、速攻、買い求めました。価格は税込みで1500円でした。
 もちろん、本物ではないのですが、ほぼ車内のものと同じで、ちゃんと「JR東日本商品化許諾済」と記されていますし、今年の4月に開業した「あしかがフラワーパーク」駅も載っています。そして、けっこうしっかりとした作りのレジャーシートですので、この上に座ってビールをいただくことが楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です